こじるり無双から5年、ファン離れが加速…小島瑠璃子の中国留学にザワつくワケ このご時世にリスク高すぎ?

芸能

こじるり無双から5年、ファン離れが加速…小島瑠璃子の中国留学にザワつくワケ このご時世にリスク高すぎ?

《皆様にお伝えしたいことがあります。中国での活動を見据え、来年から中国の大学に留学します》

8月8日、Twitterに自筆の文書を公開し、中国留学を報告したのは小島瑠璃子(28)。

2009年にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、デビューを果たした小島。今年で芸能活動13年目を迎えたが、《28歳、一度ゼロからチャレンジしてみようと思います!!》と、“リセット”を宣言した。

そんな小島に、Twitterでは《凄く素敵な決断ですね》《夢に向かって頑張って下さい!!》と応援する声が寄せられている。

19年11月にはWeiboを開設し中国語で話す動画をアップするなど、小島は以前から“中国進出”への布石を打ってきた。

「以前から中国進出を計画していたという小島さんですが、新型コロナの影響で断念したそうです。それでも週に1回90分の中国語レッスンを受けるなど、努力を続けていました。

いまでは語学スキルも日常会話は十分話せるレベルだといいます。今年の年明けにも、ラジオで『中国で仕事が出来る土台を作ります』と宣言。さらに、長年の夢だった歌手活動への意欲も明かしていました」(芸能関係者)


家探しに上海を訪れた際のインスタ投稿[2020年1月]

中国の情勢を心配する声も…

冒頭の報告に加え、《具体的な移住のタイミングは世の中の状況をみて判断しようと思います》とも綴った小島。

一方で、文章の末尾には《来年には日本を離れ場所は変わります》とも記しているが、現在の中国の情勢から不安視する声も上がっているのだ。

「小島さんが中国留学を宣言した日は、中国が台湾周辺で軍事演習を開始した直後。さらに弾道ミサイル5発が、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことも確認されました。

有事に対する緊張が高まるなかでの中国留学に、《このご時世に…?普通に心配》《大丈夫かな?》と心配する声も散見されています」(前出・芸能関係者)


『池上彰の総選挙ライブ』での小島[2017年10月]

帰国しても受け皿なし?

懸念ごとはそれだけではなさそうだ。

小島といえば、15年にニホンモニターが発表した番組出演ランキングで、年間番組出演本数429本を記録し“クイーン”に輝いた。

17年10月には「池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京系)に出演し、衆院選のリポートが評価され“こじるり無双”と呼ばれるなど脚光を浴びた。

しかし今年3月には、4年間ナビゲーターを務めた「サイエンスZERO」(Eテレ)を卒業。そして、6年間続いた「さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子の『みむこじラジオ!』」(ニッポン放送)も同時期に終了した。

現在のレギュラーは、『サタデープラス』(MBS・TBS)と『プレミアの巣窟』(フジテレビ)、ラジオ番組『いいこと、聴いた』(TOKYO FM)のみ。テレビ局関係者が言う。

「入れ替わりの激しい芸能界では、次々と旬のタレントが登場します。番組出演ランキングでは、小島さんは17年以降ランクダウンし、19年には“圏外”に。

もちろん、留学を視野に入れて活動をセーブしていたことも背景にはあるでしょう。ですが最近の傾向は、みちょぱなど、ティーンから人気のあるモデル出身タレントの活躍が目立ちます。《中略》

そのような背景を踏まえると、留学を終え、帰国した際の“受け皿”にも影響が及びそうだ。

果たしてこじるりの一世一代の決断は、吉と出るだろうか。

[via:女性自身]
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2126125/

きっかけは『キングダム』

彼女は中国のネット番組「和飯情報局(現・和飯団)」に出演し、中国語を学ぶようになったきっかけを語っている。

「『世界ふしぎ発見!』(TBS)でミステリーハンターとして中国を取材して楽しかったことがきっかけと語っていました。

その時の『ふしぎ発見』の特集こそ、19年1月に放送された『大発掘! キングダムの世界 よみがえる始皇帝』でした。

彼女はすでに原作の大ファンを公言していましたが、20年7月に作者の原泰久氏との熱愛が報じられました。

しかし、原さんが前妻と離婚した時期と近かったことから、“略奪愛疑惑”も浮上した。これが彼女のイメージダウンに大きな影響を与えた」

翌年6月には破局が報じられ、小島さんもその直後のトーク番組で別れたことを明かしました。

「破局の翌月に放送された『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)では、付き合う前に“いたします”とぶっちゃけトークを展開。

これまでの彼女のイメージとは異なる発言に、SNS上には戸惑いの声が上がりました。彼女自身、この発言で仕事が頭打ちになることを悟ったのかもしれません」

[via:女性自身]
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2126125/

芸能スキルは武器になる?

かつては、的確なコメントとリアクションで、バラエティー界を席巻した小島は、その能力を中国で活かすことができるのだろうか。

「小島さんのスキルが日本のバラエティー番組では強力な武器になっていましたが、それが中国のテレビ番組などで活かせるかどうかはまったくわかりません。

前例がないし、お笑い芸人や女性タレントがトークや企画で楽しませるスタイルのバラエティー番組は、日本独自の要素が強い。そもそもタレントとしての小島さんが活躍する場が、中国にあるかどうかも微妙かもしれません。

そういう意味では、俳優や歌手といった形で活躍するほうが、むしろ現実的かもしれませんね。

日本のマーケットを意識した作品もあるでしょうし、ネットでの配信で日本の視聴者の間で話題になる可能性もある。ただ、小島さんの場合、日本での演技経験があまりないというのはネックになると思います」

反日感情の影響も

小島の中国進出に対して、中国における反日感情や、現実味を帯び始めているという台湾有事などを心配する声も少なくない。

「もしも小島さんが中国のメディアに出演するようになってから、日中関係がこじれるような事象が起きれば、小島さんは何らかのコメントを求められることになると思います。

中国で活動している以上、直接的に中国を批判するようなコメントは難しくなるのは間違いない。また、そういった“親中コメント”をした場合、今後は日本国内からバッシングを受けてしまう可能性もある。

うまくバランスを取ったコメントをしないといけないわけですから、有事が起きた際のコメントをしっかりとシミュレーションしておく必要があると思います」

さらに、中国ではゼロコロナ対策で2020年から留学ビザが下りないない状態が続いており、小島が留学を予定している来年9月の段階でどうなっているかも不透明だ。

また、中国では大規模なロックダウンを実施していたこともあり、場合によっては自由な活動ができなくなる懸念もある。

「日本から中国に進出して成功したタレントはいませんし、中国の市場規模はたしかに大きく、もしも現地でブレイクできればすごいことになるでしょう。

でも、それと同時にリスクも多いし、そもそも成功する確率は決して高くない。小島さんの挑戦はかなりシビアなものであることは間違いないですね」

小島瑠璃子は誰もまだ果たしていない日本人タレントの中国での大成功を実現することができるのだろうか。

[via:NEWSポストセブン]
https://www.news-postseven.com/archives/20220815_1784031.html

ほんこん苦言「理解はあるんかな?」

ほんこんは10日に自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を行い、「日本のEEZに弾道ミサイル撃ってくる国に留学?」とのタイトルでこの話題に言及。

日中間や日台中を巡る緊張に触れながら、「そういうニュースも耳に入ってると思うんですけど、もしこれが台湾有事、日本有事になれば、まず日本人は中国において出国できない事態になると思うんですけど、そういうところも考えてはるのかな?」と小島の中国留学に疑問を呈した。

さらには、「そういうところの理解はあるんかな?と思うんですよ。小島さん自体に」など、小島に理解が足りず、中国留学が軽薄な決断だとする持論も展開。

また、中国当局による日本人の拘束事案も例に、「本当に気を付けて行ってらっしゃいませ、と思うところ」と皮肉り、「気が変わったら違うところに留学でもいい。いろんなことを調べて確実に安全が分かれば」などと語った。

単純な危機意識に批判が殺到

一応、「期待しとるんで、頑張ってください」とエールも贈っていたほんこんだったが、一面的な見方から中国への留学を悪いと決めつけるような発言に、ネット上では非難が殺到。

《集団と個を一緒くたにして話すとかこいつ本気か?戦争しとるわけでもないんやし留学くらい好きにさせたれや》

《中国に支社あって駐在してる社員がどれだけいると思ってんだよ これも全員反日かよコイツの頭では》

《さすがに留学は個人の自由だろう 別に現中共は嫌いでも大陸の歴史や文化は学ぶべきところ多い》

《文句があるなら日本から出ていけと言っておきながら 本当に出ていく人間にこういうことを言う…》

《最上位論文数が世界一の国に留学することが悪いことだとは思わないけどな》

《どういう人生送ったらこういう思想に染まるの? 俺大卒だけど、周りにも職場にも外国人いるから差別するという発想がないわ》

などなど、厳しい指摘が多く上がっている。

危機を煽ることで飯を食う手法は昔から存在するが、果たしてほんこんの真意は…。

[via:週刊実話]
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/74550

ネットの反応

・このタイミングで中国w
・まさかキングダムが人生に影響を与えるとは
・中華統一を目指すのか
・良くも悪くもアジアンビューティー化してるから悪くない判断かもな
・日本に居づらいのは分かる
・まだ諦めてはなかったんだな
・凄いなあ勇気があるわ10年後の事を考えたら勝ち組になってるかも知れんな
・まあ客商売は客の多い所でやるのがセオリーだからな
・当たれば月収1億とかあるからな
・チャイナマネーに身を売っただけでは?
・中国の金持ち狙いでしょ
・大富豪の愛人になりそう
・パトロンの目処はたっているんだろうな
・キングダム芸人として生きていくのか
・今の時勢でわざわざ中国行くとか自殺行為だしチャイナドリームも終わりかけなのに
・AVの人みたいに幸せになれりゃいいけど
・台湾有事になったらどうする?
・顔も中国風だよな
・完全に中国のおばさん顔だからなぁ
・色黒でくりくり目でエラ張りの顔は大陸系だからな 元々血があっちに合ってたんだよ
・あのあざとさは中国向きかもね
・やらかしまくって、結局逃亡
・芸能人椅子取りゲームからの脱落か
・完全に終わった訳やな
・このまま消えるだろうな
・台湾は中国の一部ですなんて言ったら日本での人気が更に落ちるだろ
・日本へ帰国後、需要は無い 怖すぎて使えない

[紹介元]こじるり無双から5年、ファン離れが加速…小島瑠璃子の中国留学にザワつくワケ このご時世にリスク高すぎ?