坂口健太郎“小勝負”を助けるダイロクメンバーに「チーム感がよかった」「皆の優しさにじーんときた」の声あふれる…「競争の番人」9話

映画

坂口健太郎“小勝負”を助けるダイロクメンバーに「チーム感がよかった」「皆の優しさにじーんときた」の声あふれる…「競争の番人」9話

坂口健太郎&杏がW主演する「競争の番人」の9話が9月5日オンエア。単独で藤堂に挑もうとする小勝負のもとに現れる楓、それを追って風見と桃園も…ダイロクメンバーに「チーム感がよかった」「皆の優しさにじーんときた」などの声が上がっている。

独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる公正取引委員会の活躍を描く本作。過去に談合で父を亡くし、その原因となった藤堂を捕まえるために公取委に入った小勝負勉を坂口さんが、ラクター建設の社員が殺された事件の捜査で容疑者を取り逃がして、公取委への異動を命じられた白熊楓を杏さんがそれぞれ演じる。

また第六審査“ダイロク”の主査・桃園千代子に小池栄子。第六審査キャップの風見慎一に大倉孝二。ムードメーカー的存在な六角洸介に加藤清史郎。小勝負をかばって刺された第六審査長の本庄聡子に寺島しのぶ。小勝負の東大時代の同期・緑川瑛子に大西礼芳。かつて小勝負の父を自死に追い込んだ談合の黒幕・藤堂清正に小日向文世といった面々が出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

藤堂が関わっていると思われるラクター建設の談合を、小勝負は独自で調査しようとして刃物を持った人物に襲われる。その時本庄が小勝負をかばって刺されてしまう。この件で小勝負は勝手に調査をしたとして謹慎処分に。殺人未遂事件として警察が動き出したため、公正取引委員会は談合についても警察の捜査が済んでからということになる。

謹慎になった小勝負は病院のベッドで眠る本庄のバッグから手帳と鍵を見つける。そしてラクター建設の木下健一(石井正則)とコンタクト。木下から入札日が急遽早まったことを聞かされる。また小津建設の社長の妻・環(前田亜季)が藤堂の娘であることを知り、彼女に協力を願い出る…というのが今回のストーリー。

1人で談合現場を張り込む小勝負のもとに、楓がワゴン車でやってくる。ワゴンのなかで張り込みを続ける小勝負と楓だが、車のドアを叩く音が…。見つかったかと焦る2人の前に現れたのは風見と桃園。勝手に捜査してることを見逃して欲しいと言う楓に「無理ね」と言い放つ桃園だが「あんたたちだけに任せるわけにはいかない」と続け、風見も立入検査の許可を取ったことを伝え「本庄さんが刺されたんだ。悔しい想いをしてるのは君らだけじゃない」と語る…。

このシーンにネットでは「チームワークだけが、巨悪に立ち向かえる」「ダイロクのチーム感がよかったです」「ダイロクの皆の優しさにじーんときた。藤堂さん捕まえてほしいな」などの声が上がる。

一方、藤堂も公取委に乗り込んできて、小勝負に対し“弱い者に戦う資格はない。弱いものほど何もできず、むしろ害になる”と持論を展開。「君は知らないだろ、それがどんな悲劇を生むのか」と言い放つ。

この藤堂の言葉に「藤堂にも、今の藤堂になった「背景となるできごと」があったのだろう。そう感じさせる強いセリフだった」「藤堂も藤堂で正義があってダイロクと対立してるだけで悪役ではないようにも思える」「藤堂は弱いものを信じて任せたことで悲劇が起きた過去があってその後悔から極端に振り切れたっぽい」など、藤堂の過去を想像するコメントも多数寄せられている。

【第10話あらすじ】
樋山が本庄殺人未遂と「ラクター建設」古賀の殺害容疑で逮捕される。藤堂は樋山に罪を被せるつもりだった。ダイロクのメンバーは樋山と小津建設が関わっていた談合の裏付け調査という名目でラクター建設を立入検査するが、留置した資料からは証拠品がなかなか見つからない。さらに小津建設は談合に関わったことが知られ、次々に仕事がキャンセルされていた…。

「競争の番人」は毎週月曜21:00~フジテレビ系にて放送中。

[紹介元]坂口健太郎“小勝負”を助けるダイロクメンバーに「チーム感がよかった」「皆の優しさにじーんときた」の声あふれる…「競争の番人」9話