俳優濱津隆之(41)、歌手で俳優のYU(27)、元乃木坂46堀未央奈(25)が10月期の日本テレビ系連続ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」(土曜午後10時)に出演することが6日、わかった。3人共に主演のKis-My-Ft2玉森裕太演じる諏訪野良太の同期研修医役を担う。

濱津は40歳で子持ち、一度社会人を経験して医師を志した「おじさん研修医」の牧村康雄役、YUは上昇志向が強くプライドも高い、意識高めのエリート、谷川聖人役、堀は地方の総合病院の院長令嬢で仕事にも婚活にも全力な橘麻友役を演じる。これですでに出演が明らかになっている池田エライザ、矢本悠馬を含め、諏訪野とその同期を演じる6人全員が判明した。

ドラマは現役医師で作家の知念実希人氏のシリーズ累計18万部突破のベストセラー小説が原作。玉森演じる諏訪野が、人の顔色を読み、カルテも読み解くことでワケありの患者たちと真摯(しんし)に向き合い、“心の謎”を解き明かしていく心温まるミステリーとなっている。

医療ドラマ初出演となる濱津は「若者たちに混じっての1人おじさん研修医。いろいろと専門的で難しい場面もたくさんやって来そうですが、1人おじさん、楽しんでやっていけたらと思います」と意気込んだ。

YUは日本人の父と台湾出身の母を持ち、大学進学を機に台湾へ移住。現地で歌手や俳優として活躍し、昨年8月から大手芸能事務所「アミューズ」所属として国内でも本格的に活動を始めた“逆輸入俳優”として注目を集める。今作が日本ドラマ初出演で「日本でお芝居することは、目標にしていたことのひとつなので、素直にうれしいのと、とてもワクワクしています」と喜んだ。

役柄については「高学歴で意識高い系。人にツンとした印象を与えるけど、どこか人間味があります。僕に通じる部分もあるので、いろいろな視点から役のイメージを膨らませています」と語り「ささいな言葉から見える人間性などを大事に演じたいと思います。初めての撮影現場に不安はありますが、スタッフ、キャストの皆様のお力をかりながら、楽しんで撮影に挑みたいと思います」と力を込めた。

堀は乃木坂46卒業後初の日テレドラマへのレギュラー出演となる。抜てきにあたり「私が演じる研修医の橘麻友は、恋にも仕事にも貪欲な女の子です。ストーリーはもちろん、同期研修医たちとのにぎやかなやりとりにもぜひ注目していただきたいです」と話している。