大泉洋&目黒蓮の演じ分けに注目の予告編公開 田中圭ら新キャストも『月の満ち欠け』

映画

大泉洋&目黒蓮の演じ分けに注目の予告編公開 田中圭ら新キャストも『月の満ち欠け』

大泉洋、有村架純、目黒蓮(Snow Man)、柴咲コウらが出演する、切なすぎる愛の奇跡を描く映画『月の満ち欠け』。この度、本予告映像と本ビジュアルが到着、新たなキャストも明らかになった。

>>『月の満ち欠け』あらすじ&キャストはこちらから

今回公開された新たな映像では、幸せの絶頂から家族を失い、憔悴した大泉さん演じる主人公・小山内の元に、かつて恋人を失った三角(目黒さん)が来訪。全く関係のないように思われた二人の物語が、“瑠璃”の「生まれ変わってもあなたに逢いたい」という強い想いによって交差する様子が映し出されていく。

本映像だけでも、大泉さんは20代~30代の幸せで生気溢れる姿と、40代で家族を失い憔悴しきった姿を、目黒さんは20歳の恋に落ちる初心な大学生と、小山内を訪ねる39歳を演じ分けており、時を超えた奇跡のラブストーリーを確かなものにしている。

そして合わせて公開されたポスターは、梢(柴咲さん)がそっと後ろから小山内を抱きしめる、和やかな夫婦の姿と、雨が降る中抱き合い、互いを想う気持ちが溢れ出したような瑠璃と三角の姿が写し出され、2組の数奇で壮大な運命を予感させる仕上がりとなっている。

また、新たなキャストとして、小山内の娘・瑠璃の親友で、瑠璃の死後に母になり、小山内にある頼み事をする緑坂ゆいを伊藤沙莉。正木瑠璃の夫・竜之介を田中圭。小山内の娘・瑠璃を新鋭・菊池日菜子、三角のバイト仲間・中西と店長を寛 一 郎と波岡一喜、小山内の母を丘みつ子、母の介護士を安藤玉恵が演じることも決定。

伊藤さんは「大泉洋さんとの共演も、がっつり会話するというのは初めてだったのですが、思っていた通りのとてもお優しい面白い方でカメラが回っていない時はたくさん笑わせていただきました。ですがお芝居を目の前で受けて、目からの情報がとても多くて大変多くのものを与えて頂けました。撮影期間は短いものでしたが、穏やかな大切な経験でした」と撮影をふり返る。

田中さんは「自分の演じた正木という役はもの凄く嫌な奴だと感じました。こいつめ。って思いました」とキャラクターについて話し、「正木がいったい何をしたのか、是非劇場で目撃して皆様怒ってください。宜しくお願いします!」とメッセージ。菊池さんは「カメラの前だけでなく、控え室やちょっとした待ち時間でも父母のようなお二人の細かな優しさや温かさに何度も助けられました」とコメントしている。

さらに、劇中にジョン・レノンの「Woman」が登場、劇伴作家を「ゲスの極み乙女」ちゃんMARIことFUKUSHIGE MARIが務めることも明らかになった。

『月の満ち欠け』は12月2日(金)より全国にて公開。

[紹介元]大泉洋&目黒蓮の演じ分けに注目の予告編公開 田中圭ら新キャストも『月の満ち欠け』