『オールドルーキー』最終回で満場一致のクソドラマ認定…「黒歴史になりそう」

芸能

『オールドルーキー』最終回で満場一致のクソドラマ認定…「黒歴史になりそう」

9月4日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第10話・最終回が放送された。視聴率は及第点だったものの、ドラマファンは「日曜劇場の黒歴史」と大バッシングを浴びせている。

主人公は、元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。

第10話で新町は、Jリーガー・伊垣(神尾楓珠)の海外チームへの移籍交渉を担当することに。伊垣は代表戦で海外のエージェントにアピールするチャンスが回り、国立競技場という大舞台で活躍した。

このシーンが、派手なロケ撮影で〝最終回映え〟する演出になるかと思われたが…。

「まず、サッカーの試合がまるでゲーム画面のようなCGを使いまくりだったことにツッコミが殺到していますね。これまでスポーツの熱さをずっと扱ってきたにもかかわらず、最後に〝ウソ〟だとバレバレのシーンなんて興醒めもいいところ。クライマックスシーンで一気に視聴者は引いていきました」(芸能記者)

「シンプルにクソドラマ」

他にも、あまりにもご都合主義すぎる展開や、視聴者はすっかり冷めているのにドラマ内では超感動シーンのごとく主人公が大泣きするなど、この最終回はとにかく制作陣と視聴者のギャップが際立った。もともと作品の評価が良くなかったことも相まって、ネット上では

《このドラマ、黒歴史になりそうなヤバさ(笑)日曜劇場とは思えないし、CGが酷すぎる》
《最初から見なくて本当に良かったクソドラマ》
《CGも合成技術も演技も構図もシナリオも何もかも雑》
《このクソ脚本でここまで泣く演技できるのすげぇな》
《シンプルにクソドラマ》
《日曜22時半のドラマほぼ完走した俺でもこの脚本はクソだと思う》
《日本てこんなに映像技術クソだったっけ?》
《ユニコーンよりはマシなクソドラマ》
《ビビるくらいのクソドラマでした》

など、感想が〝クソまみれ〟になってしまっている。

つい最近まで絶好調だった日曜劇場だが、直近4本は『日本沈没-希望のひと-』『DCU』『マイファミリー』『オールドルーキー』と、4作中3作がクソドラマ。なぜここまで打率が悪くなってしまったのか。やはり、『半沢直樹』の演出家を切ったことが影響しているのだろうか。

[紹介元]『オールドルーキー』最終回で満場一致のクソドラマ認定…「黒歴史になりそう」