元乃木坂46のメンバーで女優の若月佑美(28)が7日、インスタグラムを更新。東京・国立新美術館で、自身の作品が美術展覧会「第106回 二科展」デザイン部で特選賞に選出されたことをファンに報告し、「私の絵に対しての感想が難しいのは重々承知しております。笑」と思いをつづった。

若月は「二科展。久しぶりに出展いたしました。今年はなんと3名しか選ばれない『特選』を頂きました」と報告。2012年にタレントとして初めて同展デザイン部で入選して以来、8年連続で入選を果たしていたが、「今までは『入選』でしたので その更に上の賞の『特選』を頂けたことは とても名誉なことで、感謝でいっぱいです」と喜んだ。

「正直、私は絵が凄く上手い訳ではありません」と謙遜(けんそん)。「自分の感性や願いや頭の中を絵にしてみる!ってことが好きなだけなので 私の絵に対しての感想が難しいのは重々承知しております。笑」とユーモアを交えつつ自身の作品を客観視し、「でも、純粋に熱と想いを込めた作品を色んな観点から評価して頂けたことが本当に嬉しいので沢山の方に観て頂きたいです」とした。