サン・セバスティアン国際映画祭出品決定!沢田研二&松たか子共演『土を喰らう十二ヵ月』予告編公開

映画

サン・セバスティアン国際映画祭出品決定!沢田研二&松たか子共演『土を喰らう十二ヵ月』予告編公開

沢田研二と松たか子が共演する映画『土を喰らう十二ヵ月』より、予告編が公開された。

>>『土を喰らう十二ヵ月』あらすじ&キャストはこちらから

沢田さん演じる作家のツトムが、山荘にやってきた恋人・真知子(松さん)に「寒かっただろ?」と優しい笑顔をむけるシーンから始まる今回の予告編。子芋の土の香りに気付く真知子、禅寺の和尚の教え、亡くなった妻の存在、「所詮人は、一人で生まれて、一人で死んでいく」というツトムの考え方など、本作の世界観が立ち上がっていく映像となっている。

また、畑と相談してツトムが作る献立、真知子のために作る料理、通夜振る舞い。子芋の網焼き、炊き立てのみょうがご飯、わらびのおひたし、胡麻豆腐、ふろふき大根、若竹煮など、目に美しい料理もたくさん登場している。

そして、スペインで開催される「サン・セバスティアン国際映画祭」キュリナリー・シネマ部門への出品が決定。プレミア上映後には、作品をテーマにしたディナーが楽しめるのが特色の部門だ。ディナーの料理は、スペインのレストラングループ「NOMO」で活躍する茨城県出身の萩野谷尚之が担当する。

ほかにも、9月13日(火)~19日(祝・月)の期間、松屋銀座で開催される「銀座・手仕事直売所」に、本作の世界観が楽しめるショップが開店する。

『土を喰らう十二ヵ月』は11月11日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。

[紹介元]サン・セバスティアン国際映画祭出品決定!沢田研二&松たか子共演『土を喰らう十二ヵ月』予告編公開