眞島秀和“加賀美”からの手紙の内容を巡り視聴者から「逆恨みパターン」「警告してる可能性」など様々な考察が…「純愛ディソナンス」第9話

映画

眞島秀和“加賀美”からの手紙の内容を巡り視聴者から「逆恨みパターン」「警告してる可能性」など様々な考察が…「純愛ディソナンス」第9話

「純愛ディソナンス」第9話が9月8日オンエア。正樹のもとに加賀美から手紙が届く。その内容を巡り視聴者からは「息子を操って復讐しようとしている逆恨みパターン」「正樹に警告してる可能性ない?」など様々な考察の声がSNSに投稿されている。

本作は中島裕翔演じる元教師と吉川さん演じる元生徒の純愛とそれを憎む者、利用する者など、2人を取り巻く人々の姿を描いてきた令和の新・純愛×ドロドロエンターテインメント。

キャストは新たに始めようとしていたピアノ教室に嫌がらせされた新田正樹に中島さん。高校時代からの友人がその嫌がらせの犯人だと知った和泉冴に吉川愛。高校時代から冴が好きで正樹のピアノ教室に落書きをした朝比慎太郎に高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)。

正樹を失い行方をくらました碓井愛菜美に比嘉愛未。愛菜美に惹かれていく路加雄介に佐藤隆太。前回、慎太郎をそそのかすような発言をした村上晴翔に藤原大祐。慎太郎のことが好きになり冴をビンタした園田莉子に畑芽育。現金で大金を持っていた冴の“毒親”和泉静に富田靖子。愛菜美の父親で「モノリスエステート」社長の碓井賢治に光石研といった顔ぶれ。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

前回のラストで冴の頬をぶった莉子。彼女は「あんたが慎太郎を壊したんでしょ。何年もそばにいて、さんざんその気にさせといて、しまいに彼の目の前で自分だけ幸せになろうなんて、都合良すぎるんだよ」と、慎太郎に対する彼女の振る舞いに対する怒りをぶつける。

その後慎太郎は「気持ちの整理がついたら、警察に行きます」という置き手紙を残し、シェアハウスからいなくなってしまう。驚く冴に莉子は「よかったじゃん。これで彼のとこ行けるね」と冷たく言い放つ…。

そんな莉子の言動に「莉子ちゃんは慎太郎のこと好きだからこそ幸せになって欲しいって願ってたんだね…」「正樹と冴のことは応援したいけどこの件に関しては莉子が正論過ぎてなんも言えん」と共感の声が上がる一方、SNS上には「ずっと動かずただ見てただけのポジションの人にビンタされて色々言われるとか無理」といった反応が続出。

ピアノ講師の職を失った正樹は不動産業界で仕事探しをするも、どこも賢治の手が回っており断られ、結局モノリスエステートに復職することに。正樹がある日出社すると会社に1通の封筒が。差出人は正樹の兄の恋人だった小坂を殺したとして服役中の加賀美(眞島秀和)からだった。手紙には「すぐそばに禍が迫っている。過去からは逃れられない。」と書かれていて…というラストだった。

この手紙の“禍”の意味を巡り。SNSでは前回放送時に浮上した“晴翔は加賀美先生の息子説”が再浮上。「手紙に書かれていた「禍」の存在よな…晴翔くんがそんな雰囲気あるんよな…」「晴翔が加賀美先生の息子と仮定して、息子が何かしようとしてるから気をつけてと伝えたい手紙だったのか、息子を操って復讐しようとしている逆恨みパターンか」「脅迫文ではなくて息子の晴翔が裏で黒幕として動いてることに気づいて、正樹に警告してる可能性ない?」など、様々な考察が駆け巡っている。

【第10話あらすじ】
路加は「セカプリ」の顧客情報流出の責任をとり代表の座を退くと発表。路加の謝罪動画を見て喜ぶ賢治に、正樹は「これでもう私がこの会社にいる必要はないのでは?」と問う。すると賢治は「これが最後だ」といって正樹の父・秀雄(神保悟志)が理事長を務めていた学校法人『立秀学園』の土地の売買契約書を手渡す…。

「純愛ディソナンス」は毎週木曜22:00~フジテレビ系にて放送中。

[紹介元]眞島秀和“加賀美”からの手紙の内容を巡り視聴者から「逆恨みパターン」「警告してる可能性」など様々な考察が…「純愛ディソナンス」第9話