『オールドルーキー』綾野剛の暴走に呆れ…「退場させろ」「共感性羞恥」

芸能

『オールドルーキー』綾野剛の暴走に呆れ…「退場させろ」「共感性羞恥」

9月4日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第10話・最終回が放送された。出しゃばった綾野にツッコミが殺到している。

主人公は、元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。

第10話で新町は、Jリーガー・伊垣(神尾楓珠)の海外チームへの移籍交渉を担当することに。しかし希望する海外リーグに片っ端から打診してみても、いい返事は全くない。そんな中、日本代表戦が行われ、伊垣も出場することになった。

「共感性羞恥しかない脚本と演出と演技」

この試合は海外チームのスタッフも見に来ているようで、なんとかアピールしたい伊垣。しかしそんな焦りからか、伊垣はらしくないプレーを連発してしまう。するとピッチサイドから見ていた新町が「伊垣ーっ思い出せ! 思い出せーっ自分を見失うな! 自分を取り戻せー!」と叫ぶ。これを聞いた伊垣はその後、2点を取る大活躍をするのだった…。

監督を無視して、イチ代理人が指示を出し、さらに選手が躍動するというトンデモすぎるこのシーン。当然ネット上では

《退場させろこんな奴w》
《何これww摘み出されるだろww》
《無観客でもないとピッチに野次は届かない》
《脚本糞すぎる。ただの根性論やん》
《監督やコーチでもないのに、ピッチ脇でわめいてたら、即裏に連れていかれるわ》
《共感性羞恥しかない脚本と演出と演技》
《なんすかこの茶番劇》

といったツッコミが殺到した。

これが最終回の山場だというのだから、もう笑うしかないだろう。

[紹介元]『オールドルーキー』綾野剛の暴走に呆れ…「退場させろ」「共感性羞恥」