蛙亭が敗退…『キングオブコント』ガチすぎる審査に「まじの忖度なし!」

芸能

蛙亭が敗退…『キングオブコント』ガチすぎる審査に「まじの忖度なし!」

9月6日、お笑い賞レース『キングオブコント2022』の決勝進出者が発表された。忖度のない審査に絶賛の声が寄せられている。

決勝に進出した10組は『いぬ』、『かが屋』、『クロコップ』、『コットン』、『最高の人間』(吉住×岡野陽一のユニット)、『ニッポンの社長』、『ネルソンズ』、『ビスケットブラザーズ』、『や団』、『ロングコートダディ』だ。

「準決勝には、昨年の準優勝コンビ『ザ・マミィ』や、売れっ子『ジャングルポケット』『蛙亭』『相席スタート』などが出場していましたが、ここら辺は全て落ちました。これで、そこそこ知名度のあるコンビは『かが屋』『最高の人間』『ニッポンの社長』『ネルソンズ』『ロングコートダディ』の5組に。残り半分は、全国的には無名と言えるでしょう」(芸能記者)

『キングオブコント』人気が急上昇?

昨年の『キングオブコント』は、無名の芸人が多く出演し、過去最高レベルの大会と絶賛された。

「昨年、まだそれほど知名度がなかった『ザ・マミィ』『男性ブランコ』『蛙亭』『ジェラードン』らが決勝で爪痕を残し、見事に大ブレーク。『M-1グランプリ』に比べてかなり地味と言われているうえ、大失敗に終わった2020年大会の汚名返上となり、『キングオブコント』の価値が一気にあがったのです。『有吉の壁』(日本テレビ系)の大ヒットも、コント芸人の地位向上にかなり貢献しているでしょう」(同・記者)

ネット上でも今回の審査には

《決勝メンツ凄いな ガチ感》
《ネタとか全然みてないけどキングオブコントのメンバーガチすぎるの分かる》
《メンツがガチすぎる… 岡野さんがKOCに帰ってきたのほんとに感動》
《キングオブコントすごいな! まじの忖度なし!》
《キングオブコントの審査員、ほんとに信頼できる好き》

といった声があがっている。

今年も昨年レベルに盛り上がる決勝戦を期待したい。

[紹介元]蛙亭が敗退…『キングオブコント』ガチすぎる審査に「まじの忖度なし!」