NHKは9日、昨年12月に放送されたBS1スペシャルのドキュメンタリー「河瀬直美が見つめた東京五輪」が放送倫理・番組向上機構(BPO)から「重大な放送倫理違反があった」と判断されたことを受け、コメントを発表した。

同局は「取材、編集、試写の各段階に問題があり、デモや広い意味での社会運動に対する関心が薄かったという指摘や、取材相手への配慮や誠意を欠いていたなどという指摘を真摯(しんし)に受け止めます」。今後については「取材や制作のあらゆる段階で真実に迫ろうとする放送の基本的な姿勢を再確認し、現在進めている再発防止策を着実に実行して、視聴者のみなさまの信頼に応えられる番組を取材・制作してまいります」とした。

NHKは昨年12月放送の同番組において、ある男性が五輪反対デモに金をもらい動員されたと裏付けのないまま字幕を付けて放送。その後、男性への聞き取りではデモに参加した事実確認がとれず、字幕を「不確かな内容」としてきたが、2月の会見で「字幕の内容は誤りだったと判断した」と調査結果を報告していた。

BPOは2月、「河瀬直美が見つめた東京五輪」について「放送倫理違反の疑いがある」として審議入りを決め、この日「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。