“第二の工藤静香”爆誕!? 元乃木坂46・若月佑美『二科展』で特選受賞

芸能

“第二の工藤静香”爆誕!? 元乃木坂46・若月佑美『二科展』で特選受賞

人気アイドルグループ『乃木坂46』の元メンバーで俳優の若月佑美が9月7日、自身のインスタグラムを更新。『二科展』で特選を受賞したと報告した。

若月は《二科展。久しぶりに出展いたしました。今年はなんと3名しか選ばれない『特選』を頂きました》と明かした。

続けて《今までは『入選』でしたのでその更に上の賞の『特選』を頂けたことはとても名誉なことで、感謝でいっぱいです》と感謝を綴っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

若月佑美(@yumi_wakatsuki_official)がシェアした投稿


さらに《正直、私は絵が凄く上手い訳ではありません。自分の感性や願いや頭の中を絵にしてみる!ってことが好きなだけなので私の絵に対しての感想が難しいのは重々承知しております。笑 でも、純粋に熱と想いを込めた作品を色んな観点から評価して頂けたことが本当に嬉しいので沢山の方に観て頂きたいです》と思いを綴った。

若月は2012年の『第97回 二科展』デザイン部に初出品し、入選。以降、19年の第104回まで8年連続で入選を果たしている。

ファンからは

《佑美ちゃん特選受賞おめでとうございます! 素晴らしい作品ですね!》
《入選どころか特選は素直にすごいと思う。工藤静香さんを超えたかも?》
《絵画のことはよく分からないけど、8年連続で入賞してるし、かなりの腕前なんだろうね。満を持しての特選は本人も嬉しいでしょう》
《受賞作品見たけど、めちゃカッコいい! アートの才能溢れてる》

など、大きな反響を呼んでいる。

若月佑美が工藤静香路線に!?

一方「二科展」といえば、歌手の工藤静香や八代亜紀、モデルの押切もえなどが常連となっており、かねてから〝有名人枠〟があるとも囁かれている。

案の定、若月の「特選」にも、何らかの忖度があったのではないかと疑われており、

《また、有名人枠での入選ですか。自信があるなら「二科展」じゃなくて「日展」に出品すればいいのに》
《人目を引く作品だとは思うけど、入選が妥当じゃないかな。まぁ、若月佑美が特選とれば、大きなニュースになるからね》
《若月自身も自分が広告塔になってるのはわかってるだろ》
《そろそろ特選獲らせておくか、って感じですかね? でも作品は結構いいと思いますよ》

などと邪推する声が上がっている。

「若月は今回、特選賞を受賞したことで、これまでの功績が認められ、二科展デザイン部理事会で『会友推挙』が決定しました。芸能人の作品が会友に推挙されたのは2016年の工藤静香以来となりますが、デザイン部は若月が初めての快挙となります。第二の工藤静香の誕生と言っていいでしょう」(芸能ライター)

「私は絵が凄く上手い訳ではありません」とあくまでも控えめの態度を見せている若月だが、内心は来年の入賞も確信しているかもしれない。

[紹介元]“第二の工藤静香”爆誕!? 元乃木坂46・若月佑美『二科展』で特選受賞