残飯カップル誕生…『ユニコーンに乗って』最終回で突然の交際「余りもの同士」

芸能

残飯カップル誕生…『ユニコーンに乗って』最終回で突然の交際「余りもの同士」

俳優・永野芽郁が主演を務めるドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)の第10話・最終回が、9月6日に放送された。最後に〝残飯カップル〟が誕生して話題になっている。

主人公・成川佐奈(永野)は5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の講義をきっかけに、須崎功(杉野遥亮)ら仲間と共に3年前に起業し、教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」を設立した。

彼女たちは、10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるビジネスにすることを目標に日々奮闘中。そしてひょんなことから、元銀行員の中年男性・小鳥智志(西島秀俊)を雇うことになるのだった。

「ラブコメドラマのド定番は、最終回で適当に余りもの同士がくっつくという超絶ご都合主義な展開。テンプレクソドラマの『ユニコーンに乗って』がこれをしない訳などなく、見事に余りもの同士の〝残飯カップル〟が誕生しましたね」(芸能記者)

ドラマに必要なかった“残飯カップル”

その2人とは、「ドリームポニー」のメンバーである栗木(前原滉)と恵美(青山テルマ)。2人は全10話に全て登場したレギュラーキャストだが、魅力は皆無だ。

「10話全てに登場したのに、この2人程魅力のないラブコメドラマのキャラクターもいないでしょう。そもそも2人はやたらと画面に映る割には、何もしない。本当に何もしない。ドラマ公式サイトに掲載されている全10話の〝あらすじ〟の中で、栗木の名前が出てきたのは3回、恵美はゼロ回ということからも、いかにいらない存在だったのか分かります」(同・記者)

そんな魅力ゼロ同士の〝残飯〟がくっつくという、誰も喜ばないカップリングに呆れ声が殺到。

《えぇ…なんかフラグあったっけ》
《余りもの同士》
《雑に周りのテキトーなカップルができる最終回》
《余りもの処理すんな》
《最後残飯カプ出来てて草》

といった声が上がっている。

まさに〝残飯カップル〟と呼ぶにふさわしい組み合わせだ。

[紹介元]残飯カップル誕生…『ユニコーンに乗って』最終回で突然の交際「余りもの同士」