千原ジュニアが“先輩芸人”と口論に!「近づきたくなかった」

芸能

千原ジュニアが“先輩芸人”と口論に!「近づきたくなかった」

9月4日放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ)に、お笑いコンビ『千原兄弟』の千原ジュニアが登場。番組レギュラー・ほんこんと〝対立〟する一幕があり、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

同日の番組ではMCの東野幸治から、ほんこんとジュニアがお酒の席で揉めた件について話題が振られる。

するとジュニアは飲みに連れて行ってもらった際に、ほんこんから「俺はな、ハイハイ言うやつと飲みたいんや」と言われたことを明かす。ほんこんは後輩との会話で反論されるのが嫌いらしく、ジュニアが「何言っても『ハイハイ』って言う後輩と飲んでても、面白くない」と伝えたところから、このやり取りになったことを語った。

一方でほんこんもジュニアに対して思うところがあり、「ムカついてることあんねん」と反論。ジュニアはほんこんの相方・板尾創路を〝師匠〟として慕っており、ほんこんのことを「師匠の相方」と呼んでいるのだとか。そのことが原因で、ほんこんは「俺はお前とあんまり近づきたくなかったんや!」と怒りを露わにするのだった。

揉めることが多い芸人・ほんこん

そんなジュニアとほんこんの確執に、視聴者は大爆笑。ネット上では、

《ほんこん、本当にそこだけは絶対に屈したくないだろ、いいんじゃねーかwww》
《2人はさんざん番組で共演してるし、仲は良いはず(笑)》
《ほんこん、最近やたらと揉めるな! お笑いだけやっとけやー!》
《ほんこんの器の小ささが良くわかる》
《ジュニアとほんこんの話、なんかいろんなことを示唆してるように思える》
《すっかり芸人として差がついたよね…》

などの反響コメントが続出している。

若い頃は『ダウンタウン』のおもちゃにされ、散々な目に遭っていたほんこん。その反動から、もうイジられたくないのだろうか…。

[紹介元]千原ジュニアが“先輩芸人”と口論に!「近づきたくなかった」