「石子と羽男」「NICE FLIGHT!」… 読者が選ぶ“22年好きな夏ドラマ”1位は?

映画

「石子と羽男」「NICE FLIGHT!」… 読者が選ぶ“22年好きな夏ドラマ”1位は?

「テッパチ!」、「純愛ディソナンス」、「ユニコーンに乗って」、「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」、「オールドルーキー」といったオリジナル作品が目立つ夏ドラマ。シネマカフェでは、「好きな夏ドラマ&キャラクターは?」と題し、読者アンケートを実施。今回は、好きな夏ドラマの上位10作品をランキング形式で発表。

まずは、<第1位~第3位>をご紹介。

第1位/距離感にキュン…“ひと聞き惚れ”から始まるラブストーリー「NICE FLIGHT!」

見事1位となったのは、「Kis-My-Ft2」玉森裕太が主演する「NICE FLIGHT!」。本作は、空と空港を舞台に、パイロットや航空管制官たちを描く“ひと聞き惚れ”ラブストーリー。

玉森さん演じる“ツイてるコーパイ”倉田粋が、ある悪天候フライトで耳にした航空管制官・渋谷真夢(中村アン)の冷静かつ的確な管制に助けられたことから物語は始まる。仕事はできるが恋愛には不器用な真夢と、人との距離が近い副操縦士・粋。そんな2人の恋の進展にドキドキしながらも、恋愛だけでなく、パイロットや航空管制官、整備士、キャビンアテンダントなど、空港に携わる人たちの仕事の様子もしっかり描かれているのも本作の見どころ。

また、吉瀬美智子演じる機長・喜多見七海、尾上右近演じる航空整備士・酒木ジェームス、黒川智花演じるチーフパーサー・飯塚理香子、阿部亮平(Snow Man)演じる航空管制官・夏目幸大、玉城ティナ演じる管制官訓練生・河原かすみといった、2人を取り巻く人物たちとのやりとりも話題となっている。

アンケートでは「穏やかなお話だけどキュンキュンが止まらない! 安心してみていられるドラマ!」、「大人のお仕事ラブストーリーで今時珍しい爽やかな恋愛と航空会社の細かい仕事が色々分かって面白い」、「金曜日のご褒美癒やしドラマ。航空業務が、リアルに丁寧に描かれているのも良い」、「航空関係の仕事がリアリティに描かれていて面白い。パイロット以外のいろんな職種にもスポットライトがあたり、飛行機の凄さを知りました。また、爽やかなキュンもたくさんあるし、メインの2人がとにかく応援したくなる素敵なキャラクター」と、放送が金曜日ということもあって、1週間の疲れを癒やす時間になっている視聴者も。

放送終了
DVD&Blu-rayは2023年4月12日(水)リリース。

第2位/陸上自衛隊を舞台に描く熱血青春ドラマ「テッパチ!」

続いて第2位は、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いをコミカルに描く、町田啓太主演の「テッパチ!」。町田さんがやけっパチな自衛官候補生・国生宙を、そのバディである馬場良成を佐野勇斗が演じ、自衛官候補生パートの第一部、最後の難関となる総合訓練を経て、晴れて陸上自衛官となった宙や馬場らを描く第二部へと物語は続き、日々壁にぶつかりながらも少しずつ成長していく姿が描かれる。

ほかにも、北村一輝、白石麻衣、佐藤寛太、坂口涼太郎、工藤阿須加、桐山漣らが出演している。

行ったアンケートでは、「心に傷をおったり、自分の居場所がない人間が、何かを探して前向きに生きて行こうとする姿に胸を打たれました」、「毎回グッと来るストーリーで、自然と涙腺が緩んでしまう」、「人間模様が熱い!入り組んだ伏線のあるお話ではないけれど、その分真っ直ぐな心情に思わず心を揺さぶられます」、「第一班の群像劇がよかったから」などと、友情や恋といった熱きドラマに、多くの視聴者の心が揺さぶられた様子。

「テッパチ!」最終話(9月14日放送)あらすじ

宙(町田啓太)たちのことを心配していた八女(北村一輝)は、馬場(佐野勇斗)がいまも病気休暇ということになっていると冬美(白石麻衣)から教えられ、それを宙に伝える。それから数日後、宙たちは出動要請を受け、土砂災害の現場に向かうが…。

第3位/“石羽コンビ”の掛け合いが好評「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」

そして第3位は、有村架純と中村倫也がW主演する「石子と羽男」。本作は、有村さん演じる東大卒の崖っぷちパラリーガル・石子と、中村さん演じる高卒の弁護士・羽男のコンビが、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む、西田征史のオリジナル脚本で描く異色のリーガル・エンターテインメント。

キーパーソンとして赤楚衛二が出演するほか、石子の父で律事務所の所長をさだまさし、羽男の姉である検事をMEGUMI、よく事務所に出入りするご近所さんをおいでやす小田が演じている。

また本作は、ゲストにも注目。小関裕太、木村佳乃、宮野真守、趣里らが出演し、視聴者を楽しませた。

アンケートでは「考えさらせられる内容なのに軽やかに話が進むので見ていて重くなりすぎず心地よい」、「身近な訴訟案件をわかりやすくコミカルに描いているし、キャラが皆可愛いところが好き」、「石子さんと羽男くんのコンビ感が素敵! なかなか考えさせられるドラマかなと思います」、「とにかく面白い。テンポもよく飽きさせない。毎回様々な演出の工夫も見られ、石子と羽男の軽妙なやり取りがどこかホッとする」といった感想が寄せられた。

「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」最終話(9月16日放送)あらすじ

大庭(赤楚衛二)が放火容疑で逮捕された。羽男(中村倫也)が接見に行くと、大庭は罪を認めた。さらに、放火のあった公園トイレの焼け跡から、一人の遺体が見つかる。大庭の無罪を信じつつも動揺する石子(有村架純)と羽男。二人は放火のあった現場を訪れ、さらに大庭の家族にも会いに行くのだが…。

第4位~第10位は以下の通り。

第4位「六本木クラス」

パク・ソジュン主演で大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院クラス」を、竹内涼真主演で六本木を舞台に描く日韓共同プロジェクト、ジャパン・オリジナル版の「六本木クラス」。新木優子、平手友梨奈、早乙女太一、中尾明慶らが競演している。

▽読者の声
・「ストーリーはもちろん演者たちの熱い演技が本当に光ってる。楽しくて毎週楽しみです」
・「リメイクもので展開が分かっていても、ワクワクが止まらない!」
・「音楽もストーリーも最高に素敵 キャラクターがみんな生きている」

第11話(9月15日放送)あらすじ
麻宮葵(平手友梨奈)からの電話で背中を押された綾瀬りく(さとうほなみ)は、料理対決の決勝に臨むことを決意。この一件で宮部新(竹内涼真)たちはさらに結束を強める一方、長屋茂(香川照之)は結果に不満を抱くも、龍二(鈴鹿央士)が行ったことを評価し、また楠木優香(新木優子)から龍二が会長に似ているという言葉を受け、不敵な笑みを浮かべる。

第5位「初恋の悪魔」

林遣都と仲野太賀がW主演し、「Mother」『花束みたいな恋をした』の脚本家・坂元裕二が贈る小洒落てこじれたミステリアスコメディ。林さんや仲野さん、松岡茉優、柄本佑が演じる、警察署に勤めているが捜査権のない訳ありの4人をを描く。

▽読者の声
・「坂元裕二さんの予測のつかない、名台詞の詰まった物語。キャストの演技力が凄すぎ。物語の世界をこれでもかと魅力的に演じている」
・「先の読めないストーリー展開と実力派キャスト陣の演技合戦が見事で、各話何回もリピートするほどこの作品の世界にどっぷりハマっています」
・「回を重ねる毎にとても面白い。1時間がいつもあっという間に感じる」

第8話(9月10日放送)あらすじ
第3の事件の容疑者・菜々美に逮捕状が出る。冤罪の可能性が高いと考えた鈴之介(林遣都)たちは、雪松(伊藤英明)にターゲットを絞り調べることに。一方、免職となった悠日(仲野太賀)は、警察署を去る。寄り添ってくれたのは、琉夏(柄本佑)だけだった。そして思いがけず、朝陽(毎熊克哉)のスマホのパスワードが判明…。

第6位「魔法のリノベ」

“住宅リノベーション”をテーマに、依頼人が奥底に抱えている家や家族に対する問題という魔物に立ち向かう主人公たちを描くお仕事ドラマ。主演を波瑠が務め、間宮祥太朗、遠藤憲一、原田泰造(ネプチューン)、金子大地、吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)らバラエティ豊かな面々が共演。

▽読者の声
・「リノベのビフォーを描いたエンディングがとても素敵です」
・「リノベをすることで家族の生活も変わる。リノベ前後の部屋の変化がエンディングでながれるのが毎回楽しみです。 リズミカルで明るく月曜日から元気をもらえる!」
・「梅玄コンビが良い。美男美女でスタイルも抜群で見映えの相性良いのに、セリフのやり取りも素晴らしいし、過去一最高のバディだと思う」

第9話(9月12日放送)あらすじ
互いの思いを伝えあった小梅(波瑠)と玄之介(間宮祥太朗)の間に、どこか甘い雰囲気が漂うなか、人気テレビ番組で注目を集める大家族から、リノベの依頼が舞い込む――。

第7位「ユニコーンに乗って」

永野芽郁主演の本作は、教育系スタートアップ企業の若きCEOのもとに、ある日突然、自分の会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたことから始まる物語。仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く、大人の青春ドラマ。教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」のメンバーを、西島秀俊、杉野遥亮、坂東龍汰、前原滉、青山テルマが演じている。

▽読者の声
・「逆境におちいっても、立ち向かっていく主人公に惹かれる」
・「前向きになれます。若い人たちと人生経験のある人の関わり方がそれぞれいいところが出ていてとても参考になります」
・「成長する様、仲間愛、小鳥さんの気の使い方、ステキです」

放送終了
DVD&Blu-rayは2023年3月3日(金)リリース。

第8位「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」

「King & Prince」永瀬廉が主演する本作は、誰もが知る戦国武将のクローン高校生たちが大集結した、とんでもない学校を舞台に、英雄たちが学園のてっぺんを目指して大暴れする学園天下獲りエンターテインメント。永瀬さんが織田信長を演じるほか、山田杏奈、西畑大吾(なにわ男子)、萩原利久、犬飼貴丈、三浦翔平、満島真之介らがクラスメイトを演じている。

▽読者の声
・「戦国武将のキャラがそれぞれ濃くて見ていて面白く、感動もあり、歴史も学べるし毎回楽しみです」
・「キャストが豪華で、他とは被らない作風が面白い」
・「今を輝く役者さんが大勢出演していて内容も面白くて観るのが楽しみ」

第8話(9月11日放送)あらすじ
みやび(山田杏奈)と家康(小澤征悦)の奪還を宣言した信長(永瀬廉)。これまで家康は自分たちを苦しめてきたが、きっと変わると信じている。そんな中、“黒百合三将”のアジトでは、家康のクローンを作った博士(酒向芳)の息子(波岡一喜)が憤慨していた。家康を憎んでいたはずの信長たちが、なぜ家康を助けようとするのか。息子は「叩き潰す…!」と声を張り上げる。

第9位「みなと商事コインランドリー」


缶爪さわ・椿ゆずの同名漫画のドラマ化。草川拓弥、西垣匠、奥智哉、豊嶋花ら注目の若手が出演している。

▽読者の声
・「心情を丁寧に描いていて、観ていてきゅんきゅんしたり胸が苦しくなったりします」
・「夏にぴったりの爽やかで美しい映像と切ないストーリーで、演者も皆素晴らしいから」
・「BLだけではない人の心の深さ。誰かを本気で好きになる気持ちが伝わる作品。出てくる人が皆さん、魅力的で内容もキュンキュンや切なさがある」

第11話(9月14日放送)あらすじ
湊晃(草川拓弥)は、香月慎太郎(西垣匠)に東京のオープンキャンパスに行くのに案内してほしいと頼まれ、なぜか英明日香(奥智哉)と3人で東京に行くことに。湊とシンはオープンキャンパスを終え、東京観光を楽しんでいたが、別行動をしていた明日香が帰る時間になっても戻ってこず…。

第10位「家庭教師のトラコ」

「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」の脚本家・遊川和彦が手掛ける本作は、橋本愛が合格率100%の伝説の家庭教師を演じ、3人の母親と3人の子どもを救う、個別指導式ヒューマンドラマ。美村里江、板谷由夏、鈴木保奈美がそんな母親を演じるほか、中村蒼、細田佳央太も出演。

▽読者の声
・「毎回心に響くセリフがあってみてるだけで学べるようなドラマで見応えがある」
・「正しいお金の使い方に、考えさせられる」
・「お金と人との関係性について勉強になる」

第9話(9月14日放送)あらすじ
病院のベッドの上で目を覚ましたトラコ。傍らには傷ついた地球儀が。歩道橋から突き落とされるのを目撃した人がいるため、警察が事情を聴きに来ると知ったトラコは、10億をゆすり取った利明(矢島健一)のことが頭をよぎり、警察が来る前に病院を抜け出し――。

次回は、好きな夏ドラマのキャラクター編ランキングを発表。こちらもお楽しみに。

【シネマカフェ読者アンケート/好きな夏ドラマTOP10】
1位:テッパチ!
2位:NICE FLIGHT!
3位:石子と羽男-そんなコトで訴えます?-
4位:六本木クラス
5位:初恋の悪魔
6位:魔法のリノベ
7位:ユニコーンに乗って
8位:新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~
9位:みなと商事コインランドリー
10位:家庭教師のトラコ

※投票期間:8月31日(水)~9月7日(水)
※2022年7月期に放送されている“夏ドラマ”が対象となります。
※本アンケートは、読者の皆様の「今のドラマ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。

[紹介元]「石子と羽男」「NICE FLIGHT!」… 読者が選ぶ“22年好きな夏ドラマ”1位は?