『ちむどんどん』はもういらない?“ポスト安達祐実”のNHKドラマが話題

芸能

『ちむどんどん』はもういらない?“ポスト安達祐実”のNHKドラマが話題

俳優・仁村紗和の主演ドラマ『あなたのブツがここに』(NHK)が、ドラマファンの間でにわかに注目を集めている。

同ドラマは8月22日からNHKの夜ドラ枠でスタート。どこか投げやりだった主人公が、キャバ嬢から宅配ドライバーに転身し、さまざまな困難に立ち向かう中で、自分の人生を肯定できるようになっていくまでを描いた物語だ。

主人公の山崎亜子を演じる仁村は、2014年に芸能界入りし、所属事務所の『サンミュージック』から「安達祐実以来の本格派」と呼ばれる俳優。また、その娘役には、2022年1月期放送の金曜ドラマ『妻、小学生になる』(TBS系)で、主人公の亡くなった妻の魂が体に入った小学生・白石万理華役を演じた毎田暖乃が起用されている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

仁村 紗和(@sawa_nimura)がシェアした投稿

ゴールデンタイムでも評価されるべき内容?

仁村や毎田の体当たり演技を見たドラマファンからは、

《毎田暖乃ちゃん目当てで見始めたけど、思っていた以上に面白い! 毎回15分があっという間に過ぎてしまう》
《暖乃ちゃんの安定の演技力に脱帽です。仁村さんは初めて見る俳優さんだけど、かなりの本格派でビックリです》
《仁村さんのやさぐれた演技がまた上手いんだよなぁ。毎田暖乃ちゃんのダンスもめちゃキレキレで最高》
《深夜に流すのは勿体ないくらいのデキ。ゴールデンで流しても余裕で視聴率15%超えると思う》
《困難を乗り越えようとするはっきりしたストーリー、ハッとする鋭い台詞、関西特有のユーモア感覚、編集も含めた丁寧な描写。間違いなく傑作ですね》
《キャバ嬢から宅配ドライバーに転身というのも、今の時代にリアリティーがあるよね。シングルマザー必見のドラマです》

など、大絶賛されている。

「同ドラマは、コロナ禍で激変する日本の飲食、物流業界がテーマになっていて、現実味のある内容に共感する視聴者が続出しています。1話15分と放送時間が短いこともあり、テンポもかなり良いですね。ドラマファンからは、酷評が飛び交っている同局の朝ドラ『ちむどんどん』と入れ替えた方が良いという声まで上がっていますよ。確かに脚本を膨らませれば、十分に通用しそうですね。売り出し中の俳優が育っていく姿を見る醍醐味も味わえそうです」(テレビ誌ライター)

同ドラマは全24話放送予定になっている。一体どんなスリリングな展開が用意されているのか、放送を楽しみに待とう。

[紹介元]『ちむどんどん』はもういらない?“ポスト安達祐実”のNHKドラマが話題