木村文乃、“月9”初ヒロイン!吉沢亮主演「PICU 小児集中治療室」で救命医に

映画

木村文乃、“月9”初ヒロイン!吉沢亮主演「PICU 小児集中治療室」で救命医に

吉沢亮主演のメディカル・ヒューマンドラマ「PICU小児集中治療室」に、木村文乃の出演が決定。救命医・綿貫りさ役を演じる木村さんは、今作で月9ドラマ初ヒロインを務める。

「PICU」とはPediatric Intensive Care Unitの略称で小児専門の集中治療室のこと。高度かつ集中した治療が必要とされるおよそ15歳以下の子どもを対象にした、いわば“子どものためのICU”。

舞台は北の大地、北海道。広大ゆえ「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われるこの地で、駆け出しの小児科医・志子田武四郎(吉沢亮)が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描いていく。

主演・吉沢亮

そんな本作で木村さんが演じる綿貫りさは、PICU科長・植野元(安田顕)に誘われPICUに配属されてくる救急救命医。出身地の北海道で医師になった綿貫は、精神的にも身体的にもタフで優秀な女医として有名で、上司からも一目置かれる存在だった。プライベートも順調で幸せな日々を送っていた矢先、ある悲劇が綿貫を襲う。

その日以来、心を閉ざし、職場では腫れ物に触るような扱いを受けるようになる。丘珠(おかだま)病院にPICUが新設されることになり、武四郎と同じタイミングでPICUにやってくるが、態度は横柄で攻撃的。未熟な武四郎のことは医師として認めておらず、「使い物にならない」と厳しく非難する。これほどまでに綿貫の人格を変えてしまった出来事とは何だったのか。

ほかの医師に厳しく、自分にはもっと厳しいストイックな生き方が、次第に綿貫の心を憔悴させていく。一方、小児医療に対する思いは人一倍あるようで…。

木村文乃が初の月9ヒロイン!

そんな綿貫を演じる木村さんは、2006年公開の映画『アダン』のオーディションでヒロインに選ばれ役者デビュー。以来、数々の話題作に出演し、フジテレビ開局60周年特別企画「大奥 最終章』(2019年)では主人公・久免を熱演。現在公開中の映画『LOVE LIFE』では主人公の心の機微を繊細に表現し、ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され話題となった。

また、主演映画『七人の秘書 THE MOVIE』が10月7日(金)に公開を控えるなど躍進が続いている。今回、月9初ヒロインとなる木村さんが弱さを誰にも見せず、人知れず深い悲しみを抱える救命医という難役をどのように表現してくれるのか。

木村文乃

木村さんは演じる役柄について、「口も悪ければ態度も悪い救命医ですが、その言動の何処かにいつも希望は持っていたいと思っています」とコメント。「患者と医者、仕事と生活の狭間でもがいたり苦しんだりしながら、綿貫と、そしてチームのみなさんと一緒に成長していけたらいいなと思っています」と、視聴者に向けメッセージを贈る。

また、プロデューサーの金城綾香は「綿貫は吉沢さん演じる武四郎と、安田さん演じる植野のちょうど真ん中のキャリアの医師です。現場でも責任ある仕事を任せられるようになってきた30代中盤は、一人の女性としてもいろんな経験をするタイミングでもあります」と語り、「木村さんが表現される“綿貫の心が解ける瞬間”を、連続ドラマの中で楽しみに待っていただきたい」と期待を込めた。

「PICU 小児集中治療室」は10月10日より毎週月曜21時~フジテレビ系にて放送。

[紹介元]木村文乃、“月9”初ヒロイン!吉沢亮主演「PICU 小児集中治療室」で救命医に