上戸彩『ソフトバンク』新CMで悲劇…ピチピチの衣装に「けしからん」

芸能

上戸彩『ソフトバンク』新CMで悲劇…ピチピチの衣装に「けしからん」

俳優の上戸彩が長年にわたって出演している携帯通信会社大手『ソフトバンク』のテレビCM。10月8日から全国で放送された最新CMでは、上戸のある部分が強調されていたようで、テレビ視聴者から大反響が寄せられている。

「ソフトバンク」のCMといえば、犬のお父さんや娘役の上戸が登場する〝白戸家〟シリーズでお馴染み。今回ももちろん白戸家が登場するCMで、「SPYマネキン」篇と題し、〝スパイ〟が現れる内容となっている。幸せそうにショッピングを楽しむ白戸家の前で、俳優の西島秀俊と仲野太賀が演じるスパイが極秘捜査を行うシーンが描かれていた。

そんな最新CM内で、上戸はネイビーのトップスにチューブトップタイプのタイトなワンピースを重ね着して登場。そのワンピースはボディラインがはっきりと分かるほどにピチピチで、さらに胸下は締め付けられるほど窮屈そうなデザインとなっている。

するとデザインの影響か胸下が異様に強調され、合わせて胸元もくっきり。上戸のはち切れそうな胸が前面に押し出されている。

デビュー十数年目にして“胸”に注目が!?

スタイリストのミスなのか、過度に強調された上戸の胸元に視聴者は困惑。いままでのシリーズで胸元が強調されたことはなかったため、より注目が集まってしまい、ネット上では

《むしろ今まで強調してこなかったのが不思議やな》
《ソフトバンクのCM 上戸彩のお胸ばかり見ちゃってごめんだけどこれは服がけしからん》
《デカすぎんだろ…》
《ほんとキレイになったね! しかも胸まで成長しちゃって》
《これはスパイどころじゃない!》

などの声が続出している。

「反響は凄まじく、某巨大掲示板サイトでは複数のスレッドが生み出されています。こんな衣装を用意したスタイリストは今頃怒られているでしょうね」(芸能ライター)

次はまともな衣装で出演してほしい。

[紹介元]上戸彩『ソフトバンク』新CMで悲劇…ピチピチの衣装に「けしからん」