ジャニーズが滝沢秀明の退任を発表 本人コメント・会見なしで円満退社?なぜ今?ジュリー氏との確執?の声も

芸能

ジャニーズが滝沢秀明の退任を発表 本人コメント・会見なしで円満退社?なぜ今?ジュリー氏との確執?の声も

滝沢秀明氏(40)がジャニーズ事務所の取締役副社長と関連会社「ジャニーズアイランド」の代表取締役社長などを退任したと1日、同事務所の公式サイトで発表された。

「ジャニーズアイランド」の新社長には井ノ原快彦(46)が就任した。

全文は以下の通り。

株式会社ジャニーズアイランド代表取締役交代及び役員退任のお知らせ

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、2019年よりジャニーズアイランド代表取締役を務めてまいりました滝沢秀明が退任し、新たに井ノ原快彦がジャニーズアイランドの代表取締役となりましたことをご報告させて頂きます。

9月中旬に滝沢前社長よりジャニーズアイランド代表取締役及びグループ会社役員を10月末に退任したいとの意向を受けました。

滝沢前社長には、ジャニーとメリーの逝去という弊社にとってこれ以上ない大きな出来事に直面し、また、社会情勢におきましても新型コロナウイルスというパンデミックに見舞われるなど、非常に難しい状況下の中で、先頭に立ってジャニーズのエンターテイメントを守り、ジャニーズJr.育成の舵取りをして頂いた功績は大きく、今後も継続して頂きたいと慰留致しましたが、本人の固い決意を尊重し、次のステージへ進むことを取締役会にて承認致しました。

在任中お世話になりました関係各社の皆様には格別のご厚情を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。

後任につきまして、ジャニーズJr.の育成はジャニーズJr.経験者に担ってほしいという先代社長ジャニーの遺志に従い、井ノ原快彦に社長就任を依頼致しました。

井ノ原は12歳でジャニーズ事務所に入所いたしました。Jr.の人数がまだ多くない時代にジャニーと多くの時間を過ごし、直接指導を受けております。そして、V6では年齢の異なるメンバーの調整役を26年間、務めてまいりました。

グループでの活動に加えて個人としても、数多くのドラマやバラエティー、情報番組MCと多岐にわたるキャリアを積んできた井ノ原ではございますが、Jr.時代には同世代の仲間が次々とデビューしていく姿を見送る側の立場も経験いたしました。そのような辛い時期を乗り越え、V6としてデビューするに至った人間力を高く評価しております。

プライベートではジャニーズJr.と同世代の息子を含む2人の子供の父親として、自分が育った時代とは異なる価値観を持つ子供達への理解を深め、子育てをしている様子から、必ずやJr.のメンバーの話をよく聞いて彼らの能力を伸ばしてくれるものと期待しております。

そして、ジャニーのタレント育成の本質であるタレントとしてだけでなく、人間的に成長できるように井ノ原らしくJr.達を指導してくれると確信しております。

今後、井ノ原新社長はタレント活動と並行するプレイングマネージャーとなりますので、仲間の協力を受けながらジャニーズJr.の育成に力を注いでまいります。

来年1月の帝劇「JOHNNYS’World ~Next Stage~」については井ノ原新社長と共に東山紀之と堂本光一がミュージカルにおける演出をサポートする体制を開始致します。今後、得意分野を持つ所属タレントが井ノ原新社長と共にJr.の育成に関わってまいります。

これからも役員・社員一同、新体制のもと一層の社業の発展に努力、精進してまいります。

今後とも何卒倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2022年11月1日

株式会社ジャニーズ事務所

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202210310001122.html


滝沢秀明と三宅健[2017年]

後進の育成にまい進…なぜ?

順風満帆だっただけに謎は深まるばかりだ。

2018年12月に表舞台から去った後、裏方に徹し、後進の育成にまい進してきた滝沢氏の退社は芸能界に大きな衝撃をもたらすこと必至だ。

NHK紅白歌合戦のリハーサル現場に顔を出したり、新聞記者やテレビ局スタッフに直接名刺を手渡すなど、自ら足を運んで所属タレントを売り込み、結果を出してきただけに、突然すぎると言わざるを得ない。

19年1月、Jr.の育成を担うジャニーズアイランド社長に就任した際、強化ユニットに指定したSnow ManとSixTONESはCDデビューのみならず、紅白出場にメンバーの連ドラ主演も果たした。

Travis Japanはジャニーさんの念願だった世界デビューを滝沢氏の力で先月28日に実現させた。

ただ、ここまでの道程は平坦ではなかった。19年7月にジャニーさんが急逝したため、恩師の下で2、3年はプロデュース業を学ぶはずが、転身からわずか半年で〝全て〟を背負うことになる。同9月にジャニーズ事務所の副社長を兼任したのは37歳だった。

藤島ジュリー景子社長(56)を支える立場となったが、タレント時代から完璧に仕事をこなすイメージが定着していたことに加えて、CDデビュー組には先輩が多く、気軽に悩みを相談できる存在が近くに少なかったのではないか。

ジャニーさんの死去後、近藤真彦(58)を筆頭に先輩タレントの退所が相次ぎ、TOKIOは独立、V6は解散。急速な若返りが計られた。

トラジャ世界デビューで区切り?

事務所方針はジュリー社長と滝沢氏が中心となって立ててきただろうが、気も遣ったはずだ。裏方転身後、明らかに痩せていた。本人は「タレント時代より食べている」と語っていたが、心身ともに抱えていた負荷は察して余りある。

ただ、一度口にしたことは守る性格から、今後のタレント復帰はないだろう。

ジュリー社長と事務所やタレントの方向性をめぐる決定的な違いが生じたのか、ジャニーズ以外でタレントを育成したい気持ちが出てきたのかは分からない。いずれにしてもTravis Japanの世界進出を見届けて一つの区切りをつけたようだ。

演出力や育成力は誰もが認める滝沢氏。しばらく休養してから裏方業で再び芸能界に携わる日を待つしかない。

[via:サンスポ]
https://www.sanspo.com/article/20221101-BOKZWFXL45LYTHIAQTCL2IV6CU/

滝沢のコメント・会見 予定なし

事務所関係者は退任理由について「ご本人がおりませんので代弁することはできません」としている。

本紙の取材では、滝沢氏は弁護士を通じて退社の意思を申し入れ、事務所と滝沢氏の双方が代理人を立てて条件面などを話し合っている。滝沢氏はコメントは発表せず、会見の予定もないという。

滝沢氏は、17年のタッキー&翼の活動休止前後に事務所を辞める意向を示したことがあった。故ジャニー喜多川氏が慰留し事務所にとどまった。

その後、ジャニー氏が手掛けていたJr.メンバーの発掘・育成の後任への就任を機に、18年末に芸能界を引退。19年にアイランドの社長に就任した。

ジャニーズを古くから知る関係者は「滝沢さんが手掛けたグループは、デビューから2年で彼の元を離れることが決まっている。Snow ManとSixTONESが手を離れ、Travis Japanも区切りがついたタイミング」と指摘。

「以前から事務所に未練がなかった滝沢さんは、もうジャニーズで自分のやることはないと判断したのでは」との見方を示している。

[via:スポニチ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/01/kiji/20221101s00041000018000c.html

ジャニーズ内で不協和音?

背景には、以前から業界内で取り沙汰されてきた“現体制の不協和音”が関係しているのではないかと、ささやかれている。

芸能界引退後の20年に、Snow ManとSixTONESをデビューさせた滝沢氏。両者とも現在、破竹の勢いを見せており、令和の芸能界を代表する人気グループに成長した。

ところが、今年になってその管轄が、滝沢氏がトップのジャニーズアイランドから、藤島ジュリー景子社長が取り仕切るジャニーズ事務所本体に移動したという。

「滝沢氏はこれに少なからず不満を抱いていたといわれています。

ジャニーズアイランドの業績はスノストに支えられていたので、ジュリー氏に『育成期間は終わった』といわんばかりに取り上げられてしまっては、滝沢氏もモチベーションを維持できないでしょう。

なお、スノストの現場マネジャーからも『ジュリー氏管轄の元に行くのは不安しかない』といった声が漏れていたとか」(テレビ局関係者)

10月28日には、Travis Japanがデビューを果たし、滝沢氏傘下のグループがさらに活気づくと思われたが、やはりジャニーズ事務所本体との“方向性の違い”は解消できなかったようだ。

[via:サイゾーウーマン]
https://www.cyzowoman.com/2022/10/post_409790_1.html


藤島ジュリー景子社長

ジュリー氏との確執?

音楽関係者は「やはりジュリーさんとの確執でしょうね」と指摘した。

先日、スノーマンのライブがあったのだが、そこにいつもいるはずの滝沢氏の姿はなかったという。

「よくよく聞いたら、スノーマンもストーンズもタッキーの管轄から外れて、ジュリーさん案件になっていたというからびっくりしました」(芸能関係者)。

育ての親である滝沢氏の手から離されていたというのだ。

ジャニーさんが育成やプロデュース、姉のメリー喜多川さんが経営やデビュー組の運営と分業していたように、滝沢氏とジュリー社長もうまく役割分担していたかに思われたが、どうやらそうではなかったようだ。

「その形をタッキーは良しとはしなかったようです。タッキーが激ヤセしたなんて話もありました。ジュリーさんとの関係がうまくいっていなくて『タッキーはヤバイかも』なんて話はちょくちょくあった」(同)

ここ数年、所属タレントがスキャンダルを起こすと厳しい処分が下されてきた。

これも滝沢氏の意向とされてきたが「実際にはタッキーに処分を決める権限はなかった。タッキーも『いつも俺ばっかりが悪者になる』とグチをこぼすこともあった。うまく利用されていると感じていたのでしょう」(同)

〝後追い〟の可能性も

人望が厚い滝沢氏が辞めるとなれば、確実に余波は広がるだろう。

ジャニーさんが亡くなった時も退社が相次ぐという観測はあったが「辞める可能性があるグループを、うまくまとめたのがタッキーです。

最右翼と言われたKinKi Kidsの2人には舞台のプロデュースを任せたりして、未然に防いだのです。これらのデビュー組、滝沢氏に育てられたJr.組が今後相次いで離脱なんてこともありえるでしょう」(テレビ局関係者)

ジャニーズ帝国の行く先は――。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/243572

ネットの反応

・もう退任か
・これは解せんなあ
・全然円満退社じゃねーな
・自主的な退社ならまず本人が何か説明しそうなもんだが
・社長なのに9月中旬の10末って急過ぎるな
・やっぱ追い出されたの?
・滝沢の作ったスノーマンが当たりすぎて乗っ取られそうだから切ったのかな
・第二の飯島女史になることを恐れたんかな
・タッキーがコメント出してない時点で察する
・円満に辞めるならそもそもタッキーからコメント出るでしょ
・なんで辞任するのか語らないのが闇
・ジュリーと揉めたのか?
・予想を超えて滝沢が優秀だから煙たくてだろうな
・若いジュニア育成が仕事なんから売れたらタッキーの手から離れるのは既定路線でしょ。
・タッキーが何も発言できない契約で追い出すとかなぁ
・リストラしまくったから味方いなくなったんじゃね
 >滝沢にそんな権限はない クビにしたのはジュリー
・誰もやりたくない仕事をやり終えたからかも
・マッチ辞めさせたのが最大の功績か
・素行の悪いジャニタレはホッとしてんじゃね?
・タッキー&翼もいきなり解散したし 事後報告
・本人何か別の思惑あるのかな
・方向性の違いから役員辞任し、独立して新事務所立ち上げだろ
・また表舞台に出たくなった?
・手越しと組んでテコッキーきたな
・またなんで後任がイノッチ?大出世だな
・タッキーもイノッチもまるでピエロやん
・SMAPとTOKIOのサブスク解禁してくれ
・完全に時代遅れだよねジャニーズって
・ジャニーズあと10年持たなさそう
・無能世襲で完全に潰すパターンか
・結局はジュリーとの不仲が理由ぽいな。
・タッキーはペラペラ語る人間じゃないから真相は永遠に闇の中やわ
 >だから信頼されて後任指名されてたんだな
・退社して何するんだろう
・タッキーなら大手事務所で引く手あまたやろ
・社長なんて辞めて火山巡りしてたほうがいいよ
・株式会社TOKIOならポスト余ってるぞ

[紹介元]ジャニーズが滝沢秀明の退任を発表 本人コメント・会見なしで円満退社?なぜ今?ジュリー氏との確執?の声も