90年代、裏社会で生きる男たちを描く韓国ノワール『野獣の血』1月公開 ポスター&特報解禁

映画

90年代、裏社会で生きる男たちを描く韓国ノワール『野獣の血』1月公開 ポスター&特報解禁

韓国初登場第1位の『Hot Blooded(原題)』が邦題『野獣の血』として2023年1月20日(金)より全国公開されることが決定。特報映像とポスタービジュアルが解禁された。

1993年、春。養護施設出身で札付きのワルだったヒスは、釜山港の外れの街クアムを牛耳るソンに拾われ、その右腕として一帯を仕切っていた。小さな海水浴場に観光ホテル、屋台に風俗店。こんな小さな港でも、その利権を狙う奴らがしのぎを削っていた。一方、クアムに目を付けたヨンド派は、ヒスと共に施設で過ごした親友チョルジンを使い、ヒスを懐柔しようとしていた。

しかし、ヤクザ稼業に嫌気がさしていたヒスの望みは、クアムでのし上がっていくでもなく、ヨンド派で金を稼ぐのでもなく、施設時代からの恋人インスクと一緒に、巨済島でペンションをやりながら暮らすことだった。そして、ヒスはソンの元を訪れ組織を抜けたいと告げるが…。

本作は、ベストセラー作家チョン・ミョングァンの監督デビュー作。原作は、著書「設計者」「キャビネット」翻訳版が日本でも出版されている作家キム・オンスの傑作ノワール小説。1990年の盧泰愚大統領による犯罪組織一掃政策「犯罪との戦争」を背景に、激動の時代を生き抜くヤクザたちを描いた本作は、韓国での劇場公開時に初登場1位を記録するヒットとなった。

主演は、『善惡の刃』『偽りの隣人 ある諜報員の告白』などで人間味溢れる役を好演し、現在は主演作のNETFLIXドラマ「模範家族」が世界配信中のチョン・ウ。そのほか、『箪笥』『殺人の疑惑』などのベテラン俳優キム・ガプス、NETFLIXドラマ「悪霊狩猟団:カウンターズ」で知名度急上昇のイ・ホンネが脇を固めている。

この度解禁された特報映像では、下っ端の人生を生きる者たちが、少ない利権を奪い合う激しい戦いのシーンが映し出され、チョン・ウ扮するヒスは、そこからのし上がるために“野獣”になることを決意する。一寸先さえも分からないヤクザたちの激しい戦いに勝つために必要なものとは? 緊張感が張り詰めた映像となっている。

併せて解禁されたポスタービジュアルでは、チョン・ウやチ・スンヒョンの鋭い眼差し、日陰を生きるヤクザに扮したキム・ガプスとチェ・ムソン、そして若く熱いエネルギー溢れたイ・ホンネの姿が切り取られている。「1993年、釜山。この街では、最も悪い奴が生き残るー」というキャッチコピーとともに、背景の赤が相まって殺伐とした雰囲気が漂うビジュアルになっている。

『野獣の血』2023年1月20日(金)より全国にて公開。

[紹介元]90年代、裏社会で生きる男たちを描く韓国ノワール『野獣の血』1月公開 ポスター&特報解禁