昨年1月30日に亡くなった、元宝塚歌劇団星組トップ峰さを理さんの追悼チャリティーコンサート「愛の旅立ち」が来年3月に開催されることが18日、発表された。

今年7月に開幕したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公演途中で中止に。一部出演者を変更し、再演が決まった。

23年3月20~21日は兵庫・宝塚バウホールで4公演、同27日は東京宝塚劇場。

出演は、高汐巴、寿ひずる日向薫、あづみれいか、紫苑ゆう、南風舞、洲悠花、三城礼、花愛望都、久留実純、燁明、華村りこ、出雲綾、ちあきしん、麻路さき、稔幸、えまおゆう、湖月わたる、朝峰ひかり、彩輝なお、姿月あさと、和央ようか、大和悠河、北翔海莉(東京のみ)。

南風舞、麻路さき、彩輝なお連名によるコメントは以下の通り。

「コロナ禍で峰さを理さんに直接お別れできなかった皆様と、いつか峰ちゃんを偲ぶ会をやりたい」と、葬儀に参列させて頂いた南風舞、麻路さき、彩輝なおが話をしたところから始まりました。峰さを理さんの「追悼チャリティコンサート」。2022年7月、多くの方々のお力をお借りして、準備に準備を重ね開催の日を迎えましたが、コロナウイルスの前には手も足も出ず、予定されていた公演回数4回のうち、宝塚バウホールでの1回のみの開催となりました。

その後、出演者、スタッフ、お客様からの強い強い思いの中、前回同様、沢山の方々のお力添えで、こうして再演をさせていただく運びとなりました。2023年は峰ちゃんの3回忌の年となります。峰ちゃんへの思いは時を経ても変わるこことなく、再び集結する出演者の歌声が、天国の峰ちゃんに届くと信じ、心を込めて努めてまいります。