女優尾碕真花(おさき・いちか=21)が19日、福家書店新宿サブナード店で、2023年カレンダー発売記念イベントを開催した。

20年から4年連続のリリースとなった。完成したカレンダーを手にした尾碕は「毎年、すてきとかかわいいとか自分で言っちゃう。最高得点を毎年たたき出してます」と笑みを浮かべた。

お気に入りはピンク色のTシャツを着たガーリーなカットで、「衣装も髪もメークもお気に入り。私史上、一番かわいいかも」。アザーカットをインスタグラムのアイコンにすると、女性の支持が多く寄せられ「今まであまり女性からの声援は多くなかったので、うれしいです」と新鮮な反響を喜んだ。

12年「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。尾碕は「10年経った感覚は薄くて、気持ち的には3年目くらい。人前で話す苦手意識はなくなったかな」と成長を感じている様子。今年はNHK大河「鎌倉殿の13人」、テレビ朝日系「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」など、ドラマ、映画、舞台11作品に出演した。来年はさらなる飛躍を誓い「今年の倍以上の知名度を獲得して、お芝居力をアップしたい」と語った。