バカリズム『IPPONグランプリ』最高の回答を告白!「あれ以上はないって…」

芸能

バカリズム『IPPONグランプリ』最高の回答を告白!「あれ以上はないって…」

11月14日、元テレビ東京プロデューサー佐久間宣行氏のYouTubeチャンネル『NOBROCK TV』に、お笑い芸人のバカリズムが出演。今までの渾身の大喜利の回答を振り返っていった。

今回の企画では、同YouTubeチャンネルのスタッフたちが、バカリズムのこれまでの大喜利回答から10個を厳選してピックアップ。再び、その名回答を味わおうというもの。

バカリズムは「大喜利たくさん答えてきたから、いつかこうやって振り返って、自分の中で『あ、これ憶えてるな』とか。そういう機会があったらと思ってた」と企画を喜ぶ。

まず紹介したのは、『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)で出題されたお題『「おかんマジシャンと不倫してるな」なぜわかった?』で、回答は「洗濯物たたむ時いちいち裏表見せる」。

バカリズムは「あー面白いな」とうなずきながらも、「これIPPONとってます?」と微妙に自信のなさをみせる。

というのも、〝スッと入る〟回答ではなく、一瞬意味を考えなければならないため、『IPPONグランプリ』のような競技性の高い大喜利の中では不利だというのだ。

「坂の途中ですることではないな 何?」

バカリズムは大喜利を答える際、競技性大喜利か、そうでないかで回答のテイストを変えているそう。他にも、『IPPONグランプリ』ならではの、競技性大喜利に勝つためにしていることなどを明かしていった。

そんな中、バカリズム自身が特に自画自賛したものは、お題「坂の途中ですることではないな 何?」で、回答は「2泊」。佐久間氏は「あれ凄いですね。テレビで見た時に震えましたもん」と絶賛。

バカリズムも「僕も凄い好きで」「あのお題はあれ以上はないって僕は思いました」と明かすのだった。

この動画のコメント欄には、

《これは個人的神回。バカリズム的大喜利思考の一端を垣間見た気がする》
《バカリズムさんって、本当に天才なんだなぁ。これを即座に思い付くって、やばすぎるわ》
《自分で答えた大喜利を再度見直して笑っちゃう升野さん好き》
《たしかに一度の放送で忘れさられるには惜しい、神回答ばかり。もっと観たいし、溜まったら本にしてください》

といった声が寄せられている。

バカリズムの名回答は、これからもどんどん増えていきそうだ。

[紹介元]バカリズム『IPPONグランプリ』最高の回答を告白!「あれ以上はないって…」