新井恵理那“降板ドミノ”の憂き目!? 渦巻く嫉妬と“ほぼ同棲”報道余波…

芸能

新井恵理那“降板ドミノ”の憂き目!? 渦巻く嫉妬と“ほぼ同棲”報道余波…

フリーアナウンサーの新井恵理那が、今後、テレビ朝日を中心に〝降板ドミノ〟の憂き目に遭う可能性が浮上してきた。

現在、彼女は同局系朝の情報番組『グッド!モーニング』に月~金MCで出演中だ。

「共演する局アナ、特に斎藤ちはるアナなどはよく思っていません。というのも『グッド――』は、斎藤アナが番組の最初から登場して、30分後に新井が登場するスタイルです。普通、早朝の番組は、最初にフリーアナで始まり、その後に局アナが出てくる。社員特権です。でも新井の場合は後から出てくる。斎藤アナが不快なのも分からないではない」(テレビ朝日関係者)

番組は4時55分開始。斎藤アナが最初にMCとして登場し、番組が始まるが…。

「30分後に新井が登場すると、完全に現場の仕切りが彼女に切り替わる。斎藤アナも番組MCなのですが、新井が本当のメインで、斎藤アナはサブになっているのです。それに早朝番組ですから30分でも遅く出る方が普通は格上だし、時間的にもラク。局アナとフリーアナの立場が逆転しているのです」(同・関係者)

斎藤アナが不満を抱くのも当然だろう。とはいえ、

「斎藤アナは昨年と今年、局の元日生番組で連続居眠りという失態。それを見た幹部が激怒。担当だった朝8時からの『羽鳥慎一 モーニングショー』から『グッド――』に懲罰的異動させた経緯があります。斎藤アナの自業自得です」(同)

芸能界の超大御所Aの後押しはもうない!?

新井アナは最も売れているフリーアナとして知られ、年収2億円を超したこともあるという。

「新井は、過去に仕事で一緒になった芸能界の超大御所Aの後押しがあって売れたところもあります。しかし、Aにはもはや往年の力がない。〝新井切り〟の動きがテレ朝やTBSからも出ています」(テレビ雑誌編集者)

新井は10月に一般男性との交際が発覚。〝ほぼ同棲〟と週刊誌に報じられたものの、すぐさま自身のインスタグラムで、

《今回のことは盗撮されて……間違った内容も多くとても不快に思っています》

などと反論していた。

「新井は以前、交際中の男性に親密写真を流されたことがある。今回、ほぼ同棲と書かれたので、新井を起用する局の担当者が、切ることもあり得ます。なぜなら、局の人間なんてしょせん新井をゲットしたくて使っている人も多いからです。〝ほぼ同棲〟は致命的にもなる。だから新井は、局には『友だちとして交際』『同棲は絶対ウソ』と弁明の日々だといいます」(女子アナライター)

スーパーで一緒に買い物し、部屋にも泊めてもらえる友だち。何ともウラヤマしい話ではあるが…。

[紹介元]新井恵理那“降板ドミノ”の憂き目!? 渦巻く嫉妬と“ほぼ同棲”報道余波…