いきなり雑炊を注文する眞栄田郷敦“拓朗”に「涙が溢れて止まらなかった」、その演技に賞賛集まる…「エルピス」5話

映画

いきなり雑炊を注文する眞栄田郷敦“拓朗”に「涙が溢れて止まらなかった」、その演技に賞賛集まる…「エルピス」5話

長澤まさみ主演「エルピス―希望、あるいは災い―」の第5話が11月21日オンエア。ファミレスでいきなり雑炊を注文する拓朗の姿に「涙が溢れて止まらなかった」などの声が上がるとともに、演じる眞栄田郷敦の演技にも「役作りすごい」など賞賛が集まっている。

長澤さん4年半ぶりの連ドラ主演作となる本作は、スキャンダルでエースの座から転落したアナウンサーと、友人を救えなかった過去を持つ若きディレクターが、ある冤罪疑惑を追うなかで失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描く社会派エンターテインメント。

ニュース番組のサブキャスターを担当していたが、路上キスを週刊誌に撮られて深夜の情報番組「フライデーボンボン」に飛ばされたアナウンサーの浅川恵那役で長澤さんが主演。

両親が弁護士という裕福な家庭で育った岸本拓朗には眞栄田郷敦。元警察庁長官である副総理と太いパイプを持つ報道局のエース記者・斎藤正一に鈴木亮平。「フライデーボンボン」のチーフプロデューサーの村井喬一に岡部たかし。「ニュース8」のディレクターをしている滝川雄大に三浦貴大。拓朗の母で弁護士の岸本陸子に筒井真理子といったキャストも共演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

松本死刑囚(片岡正二郎)の再審請求が棄却され、責任を感じたさくら(三浦透子)が自殺を図る。さらに特集の続編を制作することを禁じられ、大きな力に脅威を感じた恵那は上層部の決定を静かに受け入れる。この事に納得できず、さらに村井に過去を明かした後から食欲も失った拓朗は単独で、事件の目撃証言をした西澤(世志男)の身辺を調べ始める。すると西澤がかつて事件のあった八頭尾山のふもとの町に住んでいたことが判明。現地で聞き込みを続けるなかで、西澤の元妻と繋がる。

西澤の元妻にインタビューすると、事件の目撃証言は嘘で、証言をした後から架空の企業を通じ西澤に金が振り込まれるようになったことが判明。その映像を「フライデーボンボン」で流そうとする拓朗だが、その作戦は村井によって阻止される。絶望感をさいなまれる拓朗だが、映像を見た恵那は彼のもとに駆けつけ「最強の真実を君は掴んだ」と告げる…というのが今回のストーリー。

恵那の言葉を聞いた拓朗は「…雑炊、食っていいっすか?」と切り出す。いきなりのことに「えっ!?」と驚く恵那に、拓朗は近くの客が雑炊を食べてる姿を見て「すっげぇ旨そうなんすよ…」と話す…。

「今回もドキドキひやひやしながら見てましたが雑炊のくだりで爆笑しました」「岸本が、貪るように雑炊を食い散らかすのを見ながら、涙が溢れて止まらなかった」「緊張が解けた途端「雑炊食べたい」とか人の心の変化と食って強い繋がりがある」「(心が)死んでいた状態だったんだろうね。そして生き返ったからこそ、雑炊を食らい爆眠をかましたのだと」など、空腹感が蘇り雑炊を食べまくる拓朗に数多くの反応が寄せられる。

また前回までと打って変わって、ひげ面で頬もこけた拓朗の姿にも「郷敦さんの役作りすごい 酔っ払った演技などもうますぎる」「演技の振り幅ハンパない郷敦に引き込まれた」「鬼気迫っていて郷敦くんの演技もっと見たいと思わされた」などの反応が続出。眞栄田さんの演技に賞賛が集まっている。

【第6話あらすじ】
逮捕の決め手となった西澤の目撃証言が覆されたことで、再審は現実味を帯びる。さらにこの事実が村井の魂にも火をつけ、報道部に任せるべきだという恵那や名越(近藤公園)の言葉をよそに、村井は「フライデーボンボン」で大々的に報じると宣言。オンエア後の反応はすさまじく、恵那たちの考えがいかに甘かったかを思い知らされる、取り返しのつかない事態が起きてしまう…。

「エルピス―希望、あるいは災い―」は毎週月曜日22:00~フジテレビ系にて放送中。

[紹介元]いきなり雑炊を注文する眞栄田郷敦“拓朗”に「涙が溢れて止まらなかった」、その演技に賞賛集まる…「エルピス」5話