TKO木本武宏の投資詐欺トラブルで関係者が不審死…芸能事務所社長の遺体を河口湖畔で発見報道が波紋

芸能

TKO木本武宏の投資詐欺トラブルで関係者が不審死…芸能事務所社長の遺体を河口湖畔で発見報道が波紋

TKO木本武宏

TKO木本武宏

TKO・木本武宏さん(きもと・たけひろ 51歳)の巨額投資詐欺トラブルで、芸能事務所社長の関係者が“不審死”していたことが明らかになりました。

『スポーツニッポン』(スポニチ)によると、芸能事務所社長のA氏は11月上旬に、山梨県の河口湖畔で遺体で発見されたといい、スポニチの取材にA氏の仕事関係者が「亡くなったのは事実です」と認めたとしています。

捜査関係者は、「A氏は会社社長のB氏と金銭トラブルになっていた」「A氏がB氏に3億円を預けていたという話がある。海外の不動産の投資目的。ただ、B氏から連絡が途絶えたため、A氏が金を取り戻そうと必死に捜し回っていたようだ」と明かしています。

芸能事務所社長のA氏と金銭トラブルになっていたというB氏は、木本武宏さんと不動産投資を巡ってトラブルになっている首謀者でもあり、元芸能関係者でアパレル会社の社長を務めています。

一方でA氏とB氏を知る関係者は、「B氏がA氏にお金を渡していたと聞いています。B氏はA氏に『友人をタレントとして売り出してほしい』とお金を支払ってたそうです。その額は3億~4億円に上るとのことです」と証言し、いずれにせよ2人の間で億単位の金銭トラブルがあったようです。

実はB氏も8月上旬から失踪し、音信不通状態になっていることが週刊誌『女性セブン』の取材で判明しており、同誌の取材にB氏の母親は、「息子とはもうずっと連絡が取れず、生きているか死んでるのかもわからないんです。(中略)ずいぶん前にLINEで『大丈夫だよ』と送られてきたのが最後の会話です。」などと語っていました。

スポニチの取材によれば、3ヶ月前から失踪しているB氏は現在「海外にいる」との情報もあるといいます。

A氏とB氏の間で起きていた金銭トラブルと、B氏と木本武宏さんの投資詐欺トラブルは直接関係しているのか定かではないそうですが、スポニチの報道を受けてネット上では、

  • ヤクザがらみってことか?
  • ガチで闇事件やん
  • 河口湖畔で遺体で発見とか事件のお手本かよ
  • リアルウシジマくんやん
  • 木本もヤバそう
  • とうとう死者を出したか。笑えない芸人になってしまったな
  • 返金求めたら次はお前がこうなるぞっていう見せしめかな 怖すぎるだろ
  • 自殺か他殺か…
  • こういう時こそガーシーの出番やろw 国会議員になったからにはこういう闇を暴いて欲しいわ 投票した奴らはそういうのを期待したんやで?
  • 人死にはちょっとなぁ・・・・・ライブドアとかPRIDEとか、人死に出ちゃうとやっぱ笑えなくなるんよな

などの声が上がっています。

木本武宏さんと不動産投資を巡ってトラブルになっているB氏は、「下手したら倍とか50%とかそんなんもありえる」などと高い利回りをアピールし、木本さんの知人等から6億円強の金を集め、木本さん自身は1,000万円を出資していました。

しかし、配当金が無かったことを不審に思った木本武宏さん等が返済を求めたところ、返済されたのは約1.6億円で、残りは翌月に支払うと約束しながらも先延ばしを続けたそうです。

その後B氏は弁護士を通じて「返済の意思はあるが、払う金が無い」と木本武宏さん等に説明し、具体的な返済計画を提示してきたそうで、それに対して木本さん側が連帯保証人を付けて欲しいと求めるも返答が無く、返金もされてないとのことでした。

<↓の画像は、TKO木本武宏さん等とB氏の投資トラブルの相関図>
TKO木本武宏の不動産投資トラブルの構図

TKO木本武宏の不動産投資トラブルの構図

B氏はこの他にも複数の人物から金を集めながらも、8月に失踪して行方不明となり、被害総額は30億円超えとも言われていると女性セブンは伝えています。

さらに、『週刊文春』のWeb版『文春オンライン』の取材では、B氏のアパレル会社の取締役を務めていた芸能事務所『PABLO』の社長・K氏が、いくつかの契約でB氏の連帯保証人になっていることが判明しています。

K氏は文春オンラインの取材に応じ、B氏(文春の記事ではM氏)との関係について、「木本さんの件は、報道で初めて知りました。もちろん私は関与していません。Mと知り合ったのは芸能関係者の紹介で、『アパレル会社の社長をやりたいので協力してください』と相談されてお金を出しました。Mが作った会社の取締役にも名前を貸しましたが経営には全く関わっておらず、口座すら見たことがありません。今は取締役も辞めています。Mが勝手にPABLOの名刺を作って使っていたと聞きましたが、雇用関係もありません。ただ私個人がMの連帯保証人になっている件はいくつかあり、その確認をしたいのですが数ヶ月音信不通が続いている状態です」と語っていました。

スポニチが報じているA氏とは、PABLOの社長・K氏のことなのかどうかは現時点で不明ながら、B氏とトラブルになっていたA氏が不審死したとのことで、木本武宏さんの身を案じる声も上がっています。

木本武宏さんとA氏の繋がりも明らかになっていないものの、B氏とのトラブルを巡って死者が出たとの報道によって、木本さんのイメージにも悪影響が及び、表舞台での活動がさらに難しくなったのではとの声もありますが、今のところ不明な点が多いことから、今後より詳しい情報が出てくるのを待ちたいところです。

[紹介元]TKO木本武宏の投資詐欺トラブルで関係者が不審死…芸能事務所社長の遺体を河口湖畔で発見報道が波紋