『アトムの童』新章で一気にクソドラマ化? ショボすぎる展開「あまりに陳腐」

芸能
<アトムの童>第6話の新章解説:新会社名=タイトルの激アツ展開に思わず泣く<予想外の後編スタート!>

『アトムの童』新章で一気にクソドラマ化? ショボすぎる展開「あまりに陳腐」

11月20日、山﨑賢人が主演を務める日曜劇場『アトムの童』(TBS系)第6話が放送された。

この回から新章に突入したのだが、以前と比べてストーリーが激しく劣化しているとして、視聴者からため息が漏れている。

主人公は「ゲーム業界のバンクシー」と称された、謎の天才ゲーム開発者・安積那由他(山﨑)。

廃業の危機を迎えていた老舗玩具メーカー「アトム玩具」は、一人娘・富永海(岸井ゆきの)が社長に就任すると、ゲーム産業への参戦を決意。

そこで那由他は「アトム玩具」の社員となり、因縁の相手「SAGAS」に立ち向かっていく。

前回の第5話では「SAGAS」が「アトム玩具」を買収し、せっかく開発に成功したゲームの権利、「アトム玩具」が保有していた人形作りのノウハウなどをすべて持っていかれた。

第6話はそれから1年後の話。「アトム玩具」のメンバーは散り散りになり、また日の目を浴びない生活をしていた。そんな中、那由他は友人から子ども用の教育ゲームを依頼される。

内容は、実在の街をゲーム上で再現して、アバターで歩行。ポイントを獲得しながら歩くことで、学童に通う子どもが安全な登下校を学べるというものだ。

時を同じくして、那由他の相棒・隼人(松下洸平)も企業から依頼を受け、教育系のゲームを作っていた。

「めちゃつまらなくなったんだけど…」

第5話で世界的なヒットゲームを制作したものの、新章となった第6話では打って変わって身近な教育ゲームを制作。規模が急にショボくなったこともさることながら、地味なストーリー展開、地味なゲームの内容などに視聴者は落胆することに…。

ネット上では

《急速につまらなくなったんだけど…》
《先週までの方が好きだったなぁ。急に社会貢献とか…》
《アトムの童って作る人が変わったの? めちゃつまらなくなったんだけど…》
《なんか急にスケールが縮小してご近所話になったw》
《もう上がり目なさそう。こんなつまらない展開ないよ》
《一気につまらんくなったけど、ここから巻き返せるのかなあ》
《ずっと程々に毎週楽しみにしてたけど、あまりのつまらない展開にガッカリ》
《子供の安全のためのゲームとか絶対つまらなそうだし、展開があまりにも陳腐。第二部とかいうけど行き当たりばったりのストーリーにしか思えない》
《下町ロケットとかの模倣コピー感あったけど今日先週で本格的に雑になった気がする》

などといった声が殺到している。

ここまでわかりやすい中だるみも珍しいものだ。

[紹介元]『アトムの童』新章で一気にクソドラマ化? ショボすぎる展開「あまりに陳腐」