IKKOが収録中にマジギレ! スタジオから去った理由とは…「酷いイジリ」

芸能

IKKOが収録中にマジギレ! スタジオから去った理由とは…「酷いイジリ」

タレントで美容家のIKKOが、テレビ出演で唯一〝マジギレ〟した過去を語った。

11月17日放送の『トークィーンズ』(フジテレビ系)に出演したIKKOは、ファーストサマーウイカの事前取材に対して「番組でもあるわよ」と、共演者に怒った過去があると告白した。

あまり怒るイメージがないが、「あまりにも失礼だと思った時あったのね。そういう時は(スタジオから)出ちゃう」のだという。その時は我を忘れて言葉遣いも激しくなるそうで、「『貴様』は出たかも」と回顧する。

これについて、スタジオで若槻千夏が当時の状況を聞くと、「40代の時に髪の毛がなくなっちゃったの、ダイエットのし過ぎで。それからカツラをかぶるようになったのね」と明かし、「ハゲたってIKKOさんなんだから、いいじゃないですか、堂々とハゲのまま出れば」とイジってきた共演者がいたことを明かした。

これにより火がついたIKKOは、「だったらお前もバリカンで刈れっていうこと。あんただってボウズになろうが何しようがアンタでしょ。できないのに私にそれを言うの?って」と怒りの理由を吐露するのだった。

「仏のIKKOを怒らせるって…」

だがこれは例外だそうで、「芸能人の人からそうやって言われるのは、芸事を勉強してきてる人たちだから割と大丈夫」と、基本的にはイジリや過激な発言には寛容だと告白。

「貴様ぐらいだね」と、頭髪イジリだけは例外的に許せなかったことを明かしている。

これに対して、ネット上では

《努力で変えられる部分はイジっても許されるが、病気や先天的なものは一線を越えてる》
《仏のIKKOを怒らせるってそれはそれで凄いな》
《メンタル参ってる時にハゲいじりはしんどいだろうな》
《IKKOのヅラいじりはとんねるずにしかさせないんだよな。ヒロミがやろうとしてマジ拒否したみたいだし》
《とんねるずのいじりでキレないところ見ると、よっぽど酷いいじりだったか》

といった驚きの声があがっている。

「当該の番組はおそらく、2013年放送の『全力教室』(フジテレビ系)。汚部屋女性たちにIKKOが先生として指南する企画でしたが、途中で話が脱線。生徒役の女性と話しているうちに、今回IKKOが話したような事態に発展しました。生徒役の女性は後日、ブログで口論になったいきさつを説明しています」(芸能記者)

難癖や悪口などが受け入れられる時代ではないと、早く気付くべきだろう。

[紹介元]IKKOが収録中にマジギレ! スタジオから去った理由とは…「酷いイジリ」