日向坂46メンバーが生放送で放送事故…スタジオが地獄の空気「鬼畜すぎる」

芸能

日向坂46メンバーが生放送で放送事故…スタジオが地獄の空気「鬼畜すぎる」

情報番組『THE TIME,』(TBS系)の11月22日オンエア回で〝放送事故〟が起こったと話題になっている。

この日の番組には、火曜レギュラーの『日向坂46』松田好花が、縦型モニターにてリモート出演していた。

エンタメニュースではテイラー・スウィフトのニュースがあり、松田はこの話題について「私、初めて買ったアルバムが、テイラー・スウィフトさんのアルバムで、結構思い入れがあったりもして」と無理に関連性を引き出していく。

司会の安住紳一郎アナウンサーが「へぇ~」と愛想笑いすると、松田は「なので、自身のアコースティックライブとかで、披露させていただきました」とミュージシャン然とした自分語りを始める。

安住アナは「ギターとかもお上手ですもんね」と発言し、松田はまんざらでもなさそうにドヤ顔を見せた。

するとここで、安住アナのSっけに火がついたのか、なんと「ちょっとここで、ギターないですけど、アカペラでテイラー・スウィフトを一曲お願いできますか?」と、とんでもない無茶振り。

松田は「え!?」と驚いたが、すぐに「では、アコースティックライブで披露した曲を…」と乗り気になり、アカペラで歌い始める。

「鬼畜」「公開処刑」「放送事故」と騒然

披露したのは、いわくつき番組『テラスハウス』(フジテレビ系)のテーマ曲として知られる、テイラーの代表曲『We Are Never Ever Getting Back Together』。歌手とは思えないカラオケ歌唱になんとも微妙な空気になると、安住アナは「このままCMまでお願いできますか?」と、長尺での披露を要求したのだ。

これにより、松田は続くお天気コーナーまで歌い続け、カラオケ歌唱がBGM代わりになるという〝公開処刑〟に。安住アナのとんでもないドSさに、ネット上には

《安住ひでえw》
《もうやめてあげてwww》
《いつまでやらせんだよw》
《もはや放送事故》
《公開処刑やん》
《安住鬼畜すぎんな》
《軽く事故ってるみたいな空気が》
《情報出してる時は歌オフれや》

など、戦慄が走ったのだった。

一見、柔和に見える安住アナだが、こんなにも征服心を持っていたとは…。

[紹介元]日向坂46メンバーが生放送で放送事故…スタジオが地獄の空気「鬼畜すぎる」