「最高のスタートを切りました。ニッポン!」。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対ドイツ戦(23日夜)を実況したNHKの曽根優アナウンサーは、試合終了のホイッスルが鳴ると、声を張り上げて日本の劇的な逆転勝利を伝えた。

翌24日の朝の情報番組も軒並み、ドイツ戦を特集。日本テレビ系「スッキリ」で司会のお笑いタレント加藤浩次は、番組冒頭でガッツポーズ。「これはもう気持ちいい。本当に素晴らしい」と興奮した様子だった。

芸能界でも喜びの声が相次いだ。強豪高校のサッカー部出身で、お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーは、自身のツイッターで「This is 森保ジャパン」と祝福。サッカー通で知られる歌手の小柳ルミ子もインスタグラムで「サッカーは本当に何が起こるか分からない。感動 興奮してます」とつづった。(共同)