“坊城”柄本明の演技とメイクが話題に「Get Ready!」第2話

映画

“坊城”柄本明の演技とメイクが話題に「Get Ready!」第2話

妻夫木聡主演の日曜劇場「Get Ready!」。その第2話が1月15日放送。ガンに冒されながら自身の理想のため奔走する患者を演じた柄本明の演技とメイクに、SNSでは「心配になるレベル」などの声が上がっている。

堤幸彦が演出を担当し、多額の報酬と引き換えに手段を選ばず患者の命を救う正体不明の闇医者チームの姿を描く本作。昼間はパティシエとして、手術と同様にその器用さと大胆なアイデアで繊細なケーキを作り販売。その裏で法外な報酬と引き換えに超人的なオペ技術で、どんな手術も請け負う闇の最強医療チームを率いる波佐間永介=エース役で妻夫木さんが主演する。

共演にはエースの相棒でオペを行う患者との交渉人となる下山田譲=ジョーカーに藤原竜也。過去は謎に包まれている腕は超一流な凄腕オペナース、依田沙姫=クイーンに松下奈緒。闇医者チームに協力する若き万能ハッカーの白瀬剛人=スペードに日向亘。

千代田医科大学附属病院の第一外科で外科医をしている剣持玲於奈の婚約者、染谷慈恩に一ノ瀬颯。染谷の同僚外科医、橋元芙美に橋本マナミ。千代田医科大学附属病院の剣持院長の娘で染谷の婚約者、剣持玲於奈に結城モエ。

波佐間のパティスリー「カーサブランシェ」に足繫く通うケーキが大好きな高校生・嶋崎水面に當真あみ。謎の占い師・POCに三石琴乃。警視庁特務捜査課課長の佐倉亮一に矢島健一。警視庁特務捜査課の刑事、菊川忍に片山友希。仮面ドクターズを敵視する千代田医科大学附属病院の院長兼理事長、剣持理三に鹿賀丈史といったキャストが集結。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

ジョーカーの元妻・千秋(市川由衣)が一人息子(相澤壮太)を城和大学附属小学校に裏口入学させるため、2億円を用意して欲しいとジョーカーのもとを訪ねて来る。城和大学は近年、坊城理事長(柄本さん)による裏口寄付金プロジェクトで莫大な金を得ていたが、坊城は副理事長で息子の康之(三浦貴大)にその座を降ろされた上、ガンで余命数か月と宣告される。しかし交渉のため現れた闇医者チームのジョーカーに、自分が死ぬとしても2億円以上は払えないと断る。

「金のない理想は無意味」と語る坊城理事長、坊城が金にこだわる理由は僻地に病院を作るためだった…というのが2話のストーリー。

学生たちに“最後の授業”を行う坊城…その姿に「柄本明さんの演技凄すぎるんじゃが、メイクも凄い…」「白目の黄色さ、流石に役作りのための加工だよね??心配になるレベル」「本当に病気を患わってるのかと、心配になるぐらいリアルに見える演技」などの声が殺到。柄本さんの演技とともにメイクにも驚愕の声が上がる。

その後手術が成功し目覚めた坊城に波佐間は、自分がかつて坊城の教え子であったことを示唆する。このシーンにも「エースの恩師だったのか」「エースは教え子だった?」「波佐間さんの過去も気になります」などの反応が寄せられている。

【第3話あらすじ】
闇医者チームは、とある連続殺人事件を追いかけていた。警察の捜査が近づくなかジョーカーやクイーンの反対を押し切って事件の被害者たちを救い続けるエース。実は犯人の安達(杉本哲太)もまたエースの患者だった。彼が連続殺人犯になった隠された理由とは? 闇医者チームは警察の目を盗んで安達を救うことができるのか…。

「Get Ready!」は毎週日曜21時~TBS系にて放送中。

[紹介元]“坊城”柄本明の演技とメイクが話題に「Get Ready!」第2話