NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~金曜午前8時)の第72話が16日に放送された。

※以下ネタばれを含みます。

あらすじは、IWAKURAの再生をめぐみ(永作博美)とともに行う決意をした舞(福原遥)。会社では、めぐみが社員に在庫処理、経費削減、リストラを終えたことで信用金庫の信頼を得て、融資への返済期限が延長されたことを報告する。しかし、猶予は半年。そこでめぐみは営業に注力するとし、舞がそのメンバーになることを発表する。

舞は積極的に飛び込み営業などに挑戦するが、早くも壁にぶつかる。

事務の山田(大浦千佳)が舞に「ムダに張り切っている」などと相変わらず辛らつな言葉を浴びせた。ネットは憤慨とともに、今後味方となるのか、“覚醒”にも期待した。

ツイッターには「山田ちゃんグイグイくるなあ」「この嫌味女、なんでリストラ対象にならなかったんだ?」「山田の清々しい感じの悪さよ」「曇りの無い舞ちゃんにオトされてしまうのか山田さん?」「いいよいいよ山田さん…ツンからデレは振り幅が大きいほどよきものなのだ…」「寄り添ってくれるばんば」「あさひくんめちゃくちゃ成長してる」などとコメントが並んだ。

同作は時代は90年代から現在、「物づくりの町」として知られる大阪府東大阪市と自然豊かな長崎・五島列島が舞台。東大阪で町工場を営む両親のもとに生まれたヒロインの岩倉舞(福原遥)は、祖母が住む五島列島で「ばらもん凧」に魅入られる。やがて入学する航空学校で“パイロットの卵”である仲間と励まし合いながらフライト訓練に挑み、飛行機で空を飛ぶ夢に向かっていく物語。福原は朝ドラ通算4度目のオーディションで2545人の応募を勝ち抜いて主役をつかんだ。長崎出身の歌手さだまさしが語りを務める。