『BLEACH』霊圧が消えた仲間に卍解を見せない隊長…もっと活躍してほしかったキャラ3選

芸能

『BLEACH』霊圧が消えた仲間に卍解を見せない隊長…もっと活躍してほしかったキャラ3選

2000年代から2010年代の『週刊少年ジャンプ』を代表する名作漫画『BLEACH』。主人公・黒崎一護を始めとした魅力的な登場人物が数々登場した一方、作中で見せ場に恵まれなかったキャラクターも多いという。

今回は、「もっと活躍してほしかった」と熱望される人物たちを取り上げていこう。

霊圧も存在感も消えがちだった茶渡泰虎

ポテンシャルを発揮しきれなかったキャラクターの筆頭として、度々話題にあがるのが茶渡泰虎(チャド)。一護の同級生として序盤から登場しており、「死神代行篇」で禍々しい見た目の“変化した右腕”を発現させ、戦いに身を投じていく。

実は戦闘能力に定評があり、「尸魂界篇」では八番隊三席をワンパンで沈めたほど。当時同隊の隊長だった京楽春水からは、拳撃の威力について「人間にしちゃ相当なもんだ」と称賛されていた。

以降も何度かスポットを浴びる場面はあったが、肝心な戦闘では敗北してばかり。一部読者の間ではかませ犬のイメージが定着し、原作13巻で一護が放った「チャドの霊圧が…消えた…?」というセリフはネットスラング化するハメに…。

もし茶渡が活躍する場面があったとすれば、最終章にあたる「千年血戦篇」かもしれない。というのも、彼の能力には「虚に近い」という設定が存在したからだ。

同篇で敵対した滅却師は“虚に対する抗体がない”ので、茶渡のために用意されたような舞台だったのだが…。

[紹介元]『BLEACH』霊圧が消えた仲間に卍解を見せない隊長…もっと活躍してほしかったキャラ3選