『バナナマン』日村勇紀ヒートショック危機? サウナ後に雪へダイブ「心臓によくない」

芸能

『バナナマン』日村勇紀ヒートショック危機? サウナ後に雪へダイブ「心臓によくない」

お笑いコンビ『バナナマン』の日村勇紀が、1月15日放送の『バナナマンのせっかくグルメ!!』(TBS系)で、屋外のテントでサウナを楽しんだ。しかし、体を張った日村に、視聴者からは体調を心配する声が続出している。

日村はスキー場を訪問し、設置されていたテントサウナに入った。テント内は80度だったが、室内は90度にグングン上昇していく。

カメラが日村を映すと、大量の汗がダラダラ。日村は「結構汗きた」とつぶやいた。その後、日村はテントを飛び出し、そのまま雪にあおむけに大の字になってダイブする。

「気持ちいいー!」「冷たーい!」「寒みー!」と叫んでから立ち上がり、「飯食いに行くぞー!」と右手を突き上げて雪上を走り、画面から消えていった。

テントサウナを楽しんだ直後に雪にダイブ

この「雪サウナ」は、このスキー場が用意している恒例イベントという。

サウナ好きは日村の映像を見て歓喜した。

《いいなー、雪サウナ~》
《雪サウナ気持ち良さそうやな》
《最高すぎる、天国にいけるだろ》
《雪サウナ楽しそうだった笑》
《水風呂に入るのとはまた違った気持ちよさがありそう》

一方、日村の体調を気遣う声も。視聴者は日村の健康上のリスクが高いのではと想像した上で、サウナから上がりすぐに雪に飛び込む行為は心臓に負担を招きかねないと心配している。

《上半身裸で雪からのサウナとか心臓によくないぞ》
《万が一だってないとは言えないんだから》
《あまり無理はしないで欲しいね》
《サウナでほっかほかのあと雪飛び込んでるの見て心配が勝つ…》
《心臓が何個あっても足りないぜ…》
《雪サウナとか死にそう》
《時間経ったら寒くて地獄じゃない?》

「さすがに主催者側も配慮しているでしょう。日村はサウナ好きだからか、うつぶせではなくあおむけに雪に倒れ込んでいました。自身の体調を気遣っての行動だったのかも」(お笑いライター)

お茶の間も日村の体も凍ってしまいそうだった。

[紹介元]『バナナマン』日村勇紀ヒートショック危機? サウナ後に雪へダイブ「心臓によくない」