女優安藤サクラ主演の日本テレビ系ドラマ「ブラッシュアップライフ」(日曜午後10時半)の第2話が15日、放送され、平均世帯視聴率が6・3%(関東地区、速報値)だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は3・7%だった。

第1話は世帯平均5・7%、個人3・3%だった。

同作は脚本をバカリズムが務め、安藤演じる主人公がある日突然、人生をゼロからやり直すことになるタイムリープヒューマンコメディーを描く。「これは、平凡な人生をもう1度やり直す 平凡な女性のお話」とされており、安藤は実家住まいの33歳独身の市役所職員、近藤麻美を演じる。

第2話では、来世も人間として生まれ変わるために、人生をゼロからやり直して徳を積もうとする麻美あさみ(安藤サクラ)は、2周目の小学生時代を謳歌(おうか)する。

ブームになる前に携帯液晶ペットゲームのレア品をゲットしたり、頭脳は大人だから勉強しなくたって成績は常に上位。今度は玲奈ちゃんが同じ小学校にいるし、後に結婚して離婚する福ちゃんとしーちゃんも一緒。親友の夏希なつき(夏帆)や美穂みほ(木南晴夏)とも予定通りに仲良くなり、童心に帰ってシール交換やプロフィル帳で遊んでいるうちに、楽しい6年間はあっという間に過ぎ-。