トム・ハンクスが町一番の嫌われ者演じる感動作『オットーという男』3月公開

映画

トム・ハンクスが町一番の嫌われ者演じる感動作『オットーという男』3月公開

トム・ハンクス主演最新作が邦題『オットーという男』(原題:A Man Called Otto)として、3月10日(金)より全国公開されることが決定。併せて予告映像と日本版ポスターが解禁された。

オットーは町内イチの嫌われ者でいつもご機嫌斜め。曲がったことが大っ嫌いで、近所を毎日パトロール、ルールを守らない人には説教三昧、挨拶をされても仏頂面、野良猫には八つ当たり、なんとも面倒で近寄りがたい…。それが《オットーという男》。そんな彼が人知れず抱えていた孤独。最愛の妻に先立たれ、仕事もなくした彼は、自らの人生にピリオドを打とうとする。

しかし、向かいの家に越してきた家族に邪魔され、死にたくても死ねない。それも一度じゃなく二度、三度も。世間知らずだが、陽気で人懐っこく、お節介な奥さんマリソルは、オットーとは真逆な性格。小さい娘たちの子守や苦手な運転をオットーに平気で頼んでくる。この迷惑一家の出現により“自ら人生をあきらめようとしていた男”の人生は一変していく。

トム・ハンクス-(C)Getty Images

オットーを演じるのは2度のアカデミー賞に輝くトム・ハンクス。世界中で愛される彼が、パブリックイメージとは真逆の嫌われ者を演じ切る。原作はスウェーデン発の世界的ベストセラー小説「幸せなひとりぼっち」。同タイトルで映画化され2017年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。この作品に魅せられたトムが自らプロデューサーも務める。監督は『プーと大人になった僕』のマーク・フォースター

この度解禁された予告映像では、オットーの不機嫌さが大爆発。ルールを守らないご近所の住人たちへ腹を立て、眉間には常にしわを寄せている姿が。しかしそんな姿の裏には、亡くなった最愛の妻を忘れられない純粋な想いも垣間見える。そんな時に出会ったお節介奥さん・マリソルに「孤独のまま生きるの? ダメよ。間違ってる」と諭され…。その出会いにより《オットーという男》がどんな風に変わっていくのか気になる映像となっている。

併せて解禁となった日本版ポスターは、オットーが真正面に立ち、じっとこちらを見つめているビジュアルに。「だけど…好きにならずにいられない」というコピーが添えられ、正反対な家族との日々を通してもう一度「生きる希望」を見つけていく男の物語に期待が高まるビジュアルとなっている。

『オットーという男』は3月10日(金)より全国にて公開。

[紹介元]トム・ハンクスが町一番の嫌われ者演じる感動作『オットーという男』3月公開