昨年韓国で発売したミニアルバムが、2作連続で米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録した、韓国の8人組ボーイズグループStray Kids(ストレイキッズ)が、2月22日に日本で発売するアルバムの詳細が明らかになった。

オリジナルアルバムとしては日本作品初となるフルアルバムで、タイトルが「THE SOUND」に決定した。解禁された新ビジュアルには、「Stray Kidsは常に音楽と共に存在し、そして唯一無二の音楽を表現し続ける」というコンセプトが込められた。オーケストラに扮(ふん)したメンバーたちが、独自の形や色をしたピアノやティンパニーなどを背景に撮影した、メッセージ性の強いビジュアルとなっている。

アルバムの収録曲は全10曲(FC限定盤のみ11曲)。リード曲「THE SOUND」を含む日本オリジナル楽曲は7曲も収録される。さらに、日本オリジナル楽曲のうち「DLMLU」はヒョンジンが、「Novel」はスンミンが作詞・作曲に携わるなど、3RACHA(スリーラチャ)と呼ばれるバンチャン、チャンビン、ハンの3人からなるプロデューサーユニット以外のメンバーまで作詞・作曲を手がけている点にも注目だ。

同グループは、昨年6月、7月に開催された「Stray Kids 2nd World Tour“MANIAC” in JAPAN」のアンコール公演として2月11~12日にさいたまスーパーアリーナ、そして同25~26日には京セラドーム大阪でライブを開催する。