北川景子月9『女神の教室』第2話で早くも爆死! 「月10」ドラマと天と地の差?

芸能

北川景子月9『女神の教室』第2話で早くも爆死! 「月10」ドラマと天と地の差?

1月16日に第2話が放送された月9ドラマ『女神の教室~リーガル青春白書~』(フジテレビ系)。世帯平均視聴率が激減したと話題になっている。

同作の舞台は、裁判官や検察官、弁護士など法曹界を目指す学生たちが通う法科大学院、通称・ロースクール。

東京地方裁判所の裁判官だった柊木雫(北川)が、派遣教員として突然の勤務辞令を受け、法の教科書には全く載っていない〝人〟を知るための授業をしていくことになる。

第1話の世帯平均視聴率は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好調な滑り出しだったが、第2話は7.9%と激減。爆死の匂いが漂い始めている。

「なにこれ? 道徳の時間?」

「第1話は、人気の〝司法ドラマ〟ということで、視聴率が跳ね上がったのでしょう。しかし蓋を開けてみれば、法律の勉強というより、道徳のお勉強という感じのレベルの低さ。

ロースクール生が総じてバカで可愛げがない。キャラクター性はテンプレだし、主人公も活躍しなくて空気だしで、スカッとする場面はゼロ。1時間イライラするだけ。

フジテレビ月10枠でスタートした草彅剛主演の『罠の戦争』とは天と地の差ですね。脚本はもちろん、俳優の演技レベルも稀に見る低さの駄作です」(芸能記者)

ネット上でも視聴率激減は当然という声が多く、

《月9<月10 の時代。月9ももう少し練らないとね》
《始まる前にこれはヤバそうだと感じたが初回で切られたか》
《面白いかと思ったらクソつまらんかった》
《話もつまらないし演技も下手くそだし小道具も安っぽい》
《もう少し付き合いますが、ストーリーがチープ過ぎる。無理に1話完結でなくても良いので、もう少し人物像を描いて欲しいです》
《なにこれ? 道徳の時間? 小中学生の道徳とか総合学習、せいぜい高校生の倫理公民の時間か?っていう》

といった辛辣な声が寄せられている。

勝負の第1、2話でこの内容だと、これからさらに厳しくなりそうだ。

[紹介元]北川景子月9『女神の教室』第2話で早くも爆死! 「月10」ドラマと天と地の差?