ディズニープラス、IMAX品質を家庭で「IMAX SIGNATURE SOUND BY DTS」年内に提供

映画

ディズニープラス、IMAX品質を家庭で「IMAX SIGNATURE SOUND BY DTS」年内に提供

ディズニーがグローバルで展開する動画配信サービス「ディズニープラス」は、IMAX SIGNATURE SOUND BY DTSを2023年内に提供し、IMAX Enhancedのオーディオ機能を強化することが分かった。

2021年11月より「ディズニープラス」で提供を開始したIMAX独自の拡張アスペクト比に加えて、IMAX signature sound by DTSの採用により、特別にキャリブレーションされた高度なエンドツーエンド体験を可能にし、IMAX品質の画質とサウンドを家庭でも楽しむことができる。

ソニーのIMAX Enhanced対応テレビを含む、最高峰の機器メーカーがIMAX signature sound by DTSをサポートするほか、デノン、マランツ、JBLなどが発売する対応AVアンプでも利用可能。対応コンテンツをIMAX Enhanced対応機器を用いて視聴することで、一部シーケンスで拡張アスペクト比は1:90:1による、最大26%増の画角となる。

IMAXは、フィルムメーカーが世界中の観客にビジョンを提供するための、世界で最も没入感のあるキャンバス。「ディズニープラス」は、IMAX Enhancedによって家庭での視聴体験を向上させる最初の主要な動画配信サービスであり、視聴者にマーベル・シネマティック・ユニバースとさらなる新たな作品を再体験する革新的な方法を提供する。

また、2010年に初めてマーベル・シネマティック・ユニバースがIMAXに足を踏み入れ、それ以来、マーベル・シネマティック・ユニバースは、IMAX史上最高の興行収入を記録するフランチャイズに。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、IMAXで撮影された最初の作品。さらに、「ディズニープラス」のIMAX Enhancedで配信される全ての作品は、一部シーケンスがIMAXの拡張アスペクト比で撮影されている。

なお日本国内においては、IMAX SIGNATURE SOUND BY DTSが対応しているのは、英語音声のみとなっている。

[紹介元]ディズニープラス、IMAX品質を家庭で「IMAX SIGNATURE SOUND BY DTS」年内に提供