『silent』より面白い? 吉高由里子『星降る夜に』が大好評スタート

芸能

『silent』より面白い? 吉高由里子『星降る夜に』が大好評スタート

俳優の吉高由里子が主演を務める新ドラマ『星降る夜に』(テレビ朝日系)第1話が1月17日に放送され、すこぶる好評だ。

ドラマのストーリーから、前クールの大ヒットドラマ『silent』(フジテレビ系)と比較する声も多くあがっている。

同作は、感情を忘れて孤独に生きる産婦人科医・鈴(吉高)と、ろう者で遺品整理士・一星(北村匠海)が、ひたむきな恋愛を育んでいくヒューマンラブストーリー。

ある休日、ソロキャンプにやってきた鈴が、イスに腰かけて満天の星空を見上げていると、初対面のはずの一星がいきなりキス。驚いた鈴は、思わず一星をビンタするが、一星は気にせず、もう一度顔を近づけてくる。

その後、酒を飲みすぎた鈴は、一星から借りたマフラーに嘔吐。翌朝、一星から手話で「お前のゲロは全部片付けた、バカ女」と言い捨てられてしまう。

後日、亡くなった母の葬儀会場で鈴と一星が再会。鈴は、一星がろう者であり、遺品整理士として働いていることを知る。

1話の最後は、鈴が一星から借りていたマフラーを返しつつ、手話で「お前のキス、大したことなかったけどな」と反撃して笑うという幕引きだった。

脚本は、ドラマ『セカンドバージン』『大恋愛~僕を忘れる君と~』で知られる〝ラブストーリーの名手〟大石静氏が担当している。

社会現象ドラマ『silent』アンチが大躍動!

「『silent』と同じく、ろう者がメインキャストのラブストーリーですが、『星降る夜に』のほうがやや大人向けといった印象ですね。

一星は、自身の耳が聞こえないということを重いハンデだと捉えておらず、職場の人とも協調性を持って接し、楽しく仕事している。『silent』は感動を強要してくる〝感動ポルノ〟の面がありましたが、こちらはあくまでリアルな日常生活を描いています。

強引な悲観シーンがなく、コメディのノリが多いため、『silent』より好みだという人もいるようです」(テレビ誌ライター)

こうした意見は視聴者からもあがっているようで、

《個人的にsilentが少し重くて見るのしんどかったけど、星降る夜には日常ドラマの延長線な感じがあって見やすい》
《また聴覚障害の方の話だけど、silentより何倍も面白そう! silentは全然進まなくて、途中見なくなったり、2倍速で見たりと全然面白くなかったけど》
《とても良かった。風景もキャスティングも脚本も演技もかなり好き。silentより圧倒的に面白いな~silentは軸がブレブレだったからこっちは見やすいしストレスなく見れる さすが大石静先生》
《思ってたよりかなり良かった。同じ手話のドラマでも、個人的にはsilentより好きだわ。手話のドラマって重い感じがしてたけど、これはめっちゃ普通の年の差恋愛ドラマって感じ。手話を特別化してないところが凄く良い! ずっとこのままの雰囲気でドラマが進んでほしい…》

など、「silent」と比較した上で好評を得ている。

今後も何かと比較されていきそうだ。

[紹介元]『silent』より面白い? 吉高由里子『星降る夜に』が大好評スタート