広瀬すずは“爆死ドラマ”請負人! 主演ドラマが3作連続で酷すぎる…

芸能

広瀬すずは“爆死ドラマ”請負人! 主演ドラマが3作連続で酷すぎる…

超売れっ子俳優に必要なのは、演技力はもちろん、出演する作品をしっかりと選ぶことだろう。

堺雅人をはじめ、新垣結衣、佐藤健、綾瀬はるか、上白石萌音などはハズレ作品に出演することが少なく、その理由は作品選びがしっかりしているからだと言われている。

そんな中、なぜか爆死ドラマを引き当てまくっているのが、同じく超売れっ子の広瀬すずだ。

「間違いなく、広瀬は20代の女性俳優の中でトップに立っています。オファーはひっきりなしで、作品も選びたい放題でしょう。

そんな広瀬が直近5年で出演した民放の連ドラ主演作品が、2018年の『anone』、2021年の『ネメシス』(どちらも日本テレビ系)、そして現在放送中の『夕暮れに、手をつなぐ』(TBS系)の3作品です」(芸能記者)

これらの3作品には共通点がある。どれも大爆死していて、評判がすこぶる悪いことだ。

「またもや作品選びを失敗したらしい」

「『anone』は、昨年放送の『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)が更新するまで、同枠放送ドラマで最低視聴率記録を持っていました。

『ネメシス』は豪華キャストと演出・脚本陣などで注目を集めましたが、びっくりするほどの低クオリティーで視聴者を落胆させましたね。なぜか映画化するのも驚きです。

そして『夕暮れに、手をつなぐ』は、まだ1話しか放送されていませんが、すでにネット上は大荒れ。今期の最低ドラマ筆頭です」(同・記者)

ことごとくヒドイドラマを選び当てる広瀬に、ネット上では

《広瀬すずさん、またもや作品選びを失敗したらしい》
《すずちゃん映画の作品選びはすばらしいのにドラマはどうして…》
《すず、仕事はちゃんと選んでね…》
《広瀬すずは全ドラマ毎回毎回変なキャラ設定で全ドラマ大コケ。かわいそ。この年齢この芸歴で代表作なしがあまりにも痛過ぎる》

といった声があがっている。

このまま、地上波で活躍できない女優になってしまうのか…。

[紹介元]広瀬すずは“爆死ドラマ”請負人! 主演ドラマが3作連続で酷すぎる…