NHKは20日、2023年度の前期連続テレビ小説、第108作の「らんまん」(4月3日スタート、全130回)の新たな出演メンバーを発表した。

同作は108作目の朝ドラで、土佐生まれの植物学者の牧野富太郎をモデルにした物語。神木隆之介が主演し、浜辺美波(妻の槙野寿恵子)がヒロインを演じる。

この日は、神木隆之介が演じる主人公・槙野万太郎が高知から上京してめぐり会い、新たな刺激をうける人たち、「東京編」の出演者が決まった。

寿恵子の母で元柳橋の有名芸者、今は根津で和菓子屋「白梅堂」を営む西村まつ(にしむら・まつ)役には牧瀬里穂(51)が決まった。

牧瀬は「まつは売れっ子芸者からお妾(めかけ)さんになり、旦那さまを亡くしてしまいますが、芸者だった頃に培った生き抜く力、自分の力で幸せになることを考え、娘を一人で育てる力強い女性だと思います」と役柄についてコメント。

「朝ドラに出演させていただくのは2回目となりますが、東京制作は初めてなのでとても楽しみにしていました。現場では楽しく、おすえちゃんと万太郎さんを見守りたいと思います」と主演を盛り立てる考えを語った。

「初めて出演した『まんぷく』のしのぶ役は元宝塚スターだったという過去の設定がとても嬉しかったことを覚えています。関西弁のセリフには苦労しましたが、旦那さん役の加藤雅也さんがとても朗らかな方でしたので、大変助けられました。寿恵子と万太郎さんの出会いや純粋な2人がどのように成長していくのか、母という立場で見守れることがとても嬉(うれ)しくもあり楽しみであります」と語った。