永瀬正敏主演、バンド愛で全ての世代に一石を投じる『GOLDFISH』が3月公開

映画

永瀬正敏主演、バンド愛で全ての世代に一石を投じる『GOLDFISH』が3月公開

デビュー42周年を迎えてなお、熱烈なファンを多数もつパンクバンド「アナーキー(亜無亜危異)」のギタリスト、藤沼伸一が初めて映画監督に挑戦した渾身の作品『GOLDFISH』の公開が3月31日(金)に決定。キービジュアルとコメントが到着した。

80年代に社会現象を起こしたパンクバンド「ガンズ」は、人気絶頂の中メンバーのハル(北村有起哉)が傷害事件を起こして活動休止となる。そんな彼らが、30年後にリーダーのアニマル(渋川清彦)の情けなくも不純な動機をきっかけに、イチ(永瀬正敏)が中心となり再結成へと動き出す。しかし、いざリハーサルを始めると、バンドとしての思考や成長のズレが顕著になっていく。

躊躇いながらも、音楽に居場所を求めようと参加を決めたハルだったが、空白期間を埋めようとするメンバーたちの音も不協和音にしかならず、仲間の成長に追い付けない焦りは徐々に自分自身を追い詰めていった。そして、以前のように酒と女に溺れていったハルの視線の先に見えてきたものとは…。

藤沼伸一監督自身の全てをモチーフにしたという本作は、カート・コバーンの自殺を機に多く語られるようになった「27クラブ」や、人生の折り返し地点を迎えた年代に、自分の人生を問い直すことでアイデンティティが揺れ、深刻な心の葛藤が起きる「ミッドナイトクライシス」など、ロッカーだけではなく多くのミュージシャンやアーティストに襲いかかる「死の波」を泳ぐ金魚のような者たちの苦悩を描く。

藤沼監督も自身のバンドメンバーを亡くしているが、その経験こそが映画を撮るという新しいことを始めるきっかけを与えてくれたと語るように、観る者に自分自身と向き合うことの大切さ、そして希望を見出してくれる物語でもある。

藤沼監督は音楽も担当し、脚本は2年をかけてアイディアを出し合い、『宮本から君へ』、『MOTHER マザー』の港岳彦、朝倉陽子とともに作り上げた。

永瀬正敏

主演は『あん』、『パターソン』、『光』でカンヌ国際映画祭に3年連続で公式選出された初のアジア人俳優となった永瀬正敏。自身もパンクバンドを組んでいたという永瀬さんが、音楽を続けながらもくすぶった思いを抱える主人公を見事に演じている。

バンドメンバーには、自身との葛藤に悩むハルを北村有起哉、ムードメーカーのアニマルを渋川清彦、そのほか増子直純(怒髪天)、松林慎司が演じる。また、破滅の世界へと引きずり込む死神のような男(バックドアマン)を町田康が不気味に演じ、ハルを支える彼女役に有森也実が起用されている。

この度解禁されたキービジュアルでは、劇中に登場するパンクバンド「ガンズ」のメンバーが不条理な世の中をにらみつけるような、挑発するような表情をこちらに向け、その前をタイトルでもあるGOLDFISH(金魚)が意味深に泳いでいる。「あの頃はよかった」とぼやく世代や、未来が見えず不安を抱える若者たちにガツンと一石を投じるバンド愛溢れる本作に期待が高まるビジュアルだ。

<コメント全文>

■藤沼伸一 監督

私、還暦新人監督のデビュー作『GOLDFISH』が、この度多才で豪華なキャスト&スタッフ陣のお力添えにより、いよいよ公開になります!
この作品を判断して貰えるのは観てくれる皆様方なので、是非とも劇場にひやかしに来て下さい。お待ちしています。

■永瀬正敏

藤沼伸一監督が長年抱え続けられた
様々な思いや願いが焼き付けられた本作品。
その世界の中で生きられた事、とても光栄でした。

『GOLDFISH』は3月31日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。

[紹介元]永瀬正敏主演、バンド愛で全ての世代に一石を投じる『GOLDFISH』が3月公開