フジテレビがやらかし…『THE W』優勝コンビがスタッフの悪態を暴露

芸能

フジテレビがやらかし…『THE W』優勝コンビがスタッフの悪態を暴露

昨年12月の『女芸人No.1決定戦 THE W』で優勝したお笑いコンビ『天才ピアニスト』が、優勝したにもかかわらず全く反響がない哀しい現実を明かした。

1月19日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、お笑いコンテストの優勝・準優勝者が集結。

「天才ピアニスト」以外に、『M-1グランプリ』の『ウエストランド』、『キングオブコント』の『ビスケットブラザーズ』らがスタジオに集った。

各々は優勝の反響や苦悩などを語っていったが、「天才ピアニスト」はスタッフに舐められていると告白する。

「自分たちの根性曲がってるかもしれないんですけど…」としながらも、スタッフと打ち合わせする機会が増えたが、「『(番組に)呼んでやってる』みたいな感じで、上から来られることがある」と述べた。

さらに詳しく、「『W見てないんで分かんないんですけどぉ』って言ってきて」と明かすと、スタジオは「うわぁ~」と横柄さに苦笑い。

ここで爆笑王『ダウンタウン』松本人志が「どこの局?」と聞くと、言いづらそうにしながらも「…フジでした」と小声で暴露したのだった。

哀しいけど実際に見る価値のない『THE W』

この暴露に、視聴者からは

《干されるなこいつ》
《今そんな不満ぶちまけんでも…》
《あー呼ばれなくなるな》
《またフジテレビか!》
《制作に嫌われたらキツイぞー》
《Wは面白くないし価値ないから仕方ない》

といった声が。心配や同調など、さまざまな反応が見受けられた。

「フジはどうしようもないテレビ局ですが、『THE W』に見る価値がないのは事実でしょう。男女混合のコンテストには出場すらできない芸人が、女性というだけで下駄を履かされ、知名度アップに使っているわけですからね。

そのせいで、芸人のレベルは著しく低い大会ですし、男性芸人は出場すらできない差別的扱いも問題。

アファーマティブ・アクションの名を借りた男性差別大会ですし、お笑い界からも『女性というだけでコントも漫才も漫談も一緒になって採点しづらい』と苦言が出ています」(お笑い評論家)

「ウエストランド」がネタにしていたように、「M-1」以外のお笑いコンテストには価値がないのが哀しい実情だ。

[紹介元]フジテレビがやらかし…『THE W』優勝コンビがスタッフの悪態を暴露