落ち目のTBS日曜劇場が最後の賭け!? オールスターキャストで復活を画策

芸能

落ち目のTBS日曜劇場が最後の賭け!? オールスターキャストで復活を画策

大爆死を続けているTBSの日曜劇場が、超特大プロジェクトを進めていると報道された。

一部報道によると、7月クールのドラマは堺雅人と阿部寛のW主演で、共演者に役所広司を迎えるという。

制作陣も『半沢直樹』のプロデューサーや、『陸王』『ドラゴン桜』の福澤克雄監督などが名を連ねているという。

「ここ最近の日曜劇場は完全に落ち目。池井戸潤小説の実写化を連発して高視聴率を出していたのは、もう昔。昨年は4本のうち、ヒットしたのは『マイファミリー』のみ。他はヒットしていないどころか、クソドラマとも呼ばれるほどクオリティーが低かった」(芸能記者)

現在放送中の妻夫木聡主演ドラマ『Get Ready!』も大苦戦中。藤原竜也、松下奈緒という豪華レギュラーメンバーに加え、池松壮亮、柄本明などをゲスト出演させているが、評判は散々だ。

早くも「クソドラマ待ったなし」との声が続出し、視聴切りを宣言する視聴者で溢れかえっている。

積み重ねてきた日曜劇場ブランド

「こういった落ち目の状況の中で、日曜劇場は挽回策として7月クールのドラマにかけるのでしょうが、果たしてヒットするのか怪しい。

制作費をかければ良いドラマを作れるわけではないのは、放送中の『Get Ready!』や、昨年の阿部寛主演『DCU』が証明していますからね。

豪華キャストや制作陣ばかりが話題になっているあたり、かなり厳しい匂いがプンプン。歴史に残る大爆死ドラマになる可能性もあります」(同・記者)

堺、阿部、役所はそれぞれ、『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』の主演で、まさに〝日曜劇場オールスターズ〟といった布陣だ。

それだけに、これがコケれば日曜劇場の終わりを意味するだろう…。

[紹介元]落ち目のTBS日曜劇場が最後の賭け!? オールスターキャストで復活を画策