小島瑠璃子が名前だけで炎上…映画『ONE PIECE』舞台挨拶にファン激怒

芸能

小島瑠璃子が名前だけで炎上…映画『ONE PIECE』舞台挨拶にファン激怒

昨年8月に中国への留学を発表したタレント・小島瑠璃子の名前が、アニメ映画の舞台挨拶で挙がった。

すると本人不在にもかかわらず、過去の騒動が原因で批判の声が続出。もはや日本での再活動は絶望的なようだ。

驚異のロングランヒットを遂げ、現在も上映中のアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』。1月15日には「終映直前ッ! 舞台挨拶」と題し、終映間近を記念する舞台挨拶が行われた。

声優の田中真弓や、映画のヒロイン・ウタ役を演じた名塚佳織が出席。ネット上でウワサされている、ウタの歌唱キャストを務めたアーティスト・Adoと、原作者の尾田栄一郎との親子疑惑が話題に上る。

田中は、小島からウワサの真相を聞かれたと告白。併せてウワサの件を否定したと明かした。

小島瑠璃子は漫画家キラー?

この舞台挨拶のもようがネットニュースになると、一部のネットユーザーは小島も出席していたと勘違いしたようだ。

彼女といえば、2020年に大ヒット漫画『キングダム』の作者・原泰久との交際が報じられた。

当時、原が離婚直後というタイミングだったためさまざまな憶測を呼んだが、そのイメージの影響か、《(ONE PIECEの舞台挨拶に)よりによってこじるりをブッキングするなんて…》など、早とちりで小島を叩くネットユーザーが続出することに。

思わぬ貰い事故となった小島だが、この件に同情する人はいない。ネット上では、

《尾田栄一郎と会う機会があったら全力で落としにかかりそうな女》
《付き合う前に致す発言が下品で引いた。今もそのイメージしかない》
《人の嫉妬心に火をつけてしまうタイプなんだろうね》
《もう中国とっくに行ったもんだと思ってた》

など、とばっちりで散々な言われようだった。

「1月2日に小島は自身のツイッターで《ワンピースを一巻から読み直し今30巻です》と呟いており、『ONE PIECE』に〝擦り寄っている〟などとも言われていました。もはや漫画には、近づかないほうがいいのかもしれませんね」(芸能ライター)

小島の日本における好感度は下がる一方の様子。たしかに中国へ行く方が、幸せな生活を送れるのかもしれない。

[紹介元]小島瑠璃子が名前だけで炎上…映画『ONE PIECE』舞台挨拶にファン激怒