ジェレミー・レナー、30本以上の骨を折っていた…クリス・エヴァンス「なんてタフな!」

映画

ジェレミー・レナー、30本以上の骨を折っていた…クリス・エヴァンス「なんてタフな!」

1月1日(現地時間)、除雪作業中に雪上車の下敷きになって重傷を負い、現在は自宅で療養中のジェレミー・レナーがSNSを更新。

ジェレミーは、「みなさんからのメッセージや思いやりに感謝しています。私からもみなさんにたくさんの愛と感謝を」と支えてくれているファンらに改めてお礼を伝えた。続けて、「30本以上の骨は、家族や友人との愛情や絆が深まるように、より強く、よくなっていくでしょう」とポジティブにつづった。

添えた写真には、ベッドの上でリハビリに精を出しているとみられるジェレミーが写っている。

この投稿を受け、マーベル映画仲間のクリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)は、「なんてタフな人なんだ! 雪上車はだれかチェックしたの? いっぱい愛を送るよ!」とツイート。ジェレミーは「大好きだよ、ブラザー。雪上車はぼくがチェックしたよ。燃料が必要だ」とお茶目に返答している。

このやりとりを見たファンは、「2人の友情、最高!」「それにしても雪上車より強いジェレミーって、最強じゃない?」「いまや最も強い『アベンジャーズ』」とメッセージを寄せている。

事故当時「容体は安定している」とはいえ危険な状態だったジェレミーだが、驚異的な回復力を見せ、17日に退院して自宅にいることを報告していた。

[紹介元]ジェレミー・レナー、30本以上の骨を折っていた…クリス・エヴァンス「なんてタフな!」