ミュージカルの金字塔、その背景に迫る『屋根の上のバイオリン弾き物語』3月公開

映画

ミュージカルの金字塔、その背景に迫る『屋根の上のバイオリン弾き物語』3月公開

ミュージカルの金字塔『屋根の上のバイオリン弾き』の知られざるバックストーリーを追ったドキュメンタリー映画『屋根の上のバイオリン弾き物語』が3月31日(金)より公開決定、場面写真が解禁となった。

ヒットミュージカルとして世界的に広く知られている「屋根の上のバイオリン弾き」。日本でも森繁久彌や市村正親主演による公演が長年に渡り多くのファンを引き付け、2021年に公演開始から50周年を迎えている。

その物語の背景にはロシア革命前夜、ウクライナのユダヤ人一家の日常と苦難の歴史が垣間見える。本作ではミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の成立過程を丹念に追い、日本ではほぼ知られていない意外な事実が明らかになっていく。

映画版の監督、ノーマン・ジュイソン自身がユーモアを交えて裏話を語り、主人公テヴィエ役のトポルも登場、映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズも当時の思い出を語る。ナレーションは『ジュラシック・パーク』シリーズのジェフ・ゴールドブラムが務めた。

監督は『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(2017年公開)のダニエル・レイム。「ホロコーストを生き延びた祖父母に勧められて、子供の時に見たミュージカルが失われた故郷への扉を開いてくれた」とレイム監督は語る。幾世代にも渡って語り継がれる名作の知られざるバックストーリーが明かされる。

『屋根の上のバイオリン弾き物語』は3月31日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺にて公開。

[紹介元]ミュージカルの金字塔、その背景に迫る『屋根の上のバイオリン弾き物語』3月公開