武田真一アナがNHK退局しフリー転身報道。news23のキャスター就任へ? 高瀬耕造アナが後任で大阪放送局に異動か

芸能

武田真一アナがNHK退局しフリー転身報道。news23のキャスター就任へ? 高瀬耕造アナが後任で大阪放送局に異動か

NHK武田真一アナウンサー

NHK武田真一アナウンサー

現在は『ニュース きん5時』や『列島ニュース』を担当し、“たけたん”の愛称で親しまれているNHKのエース・武田真一アナウンサー(たけた・しんいち 55歳)が、NHKを辞めてフリーアナウンサーに転身することを週刊誌『週刊新潮』がスクープしています。

武田真一アナが定年前にNHKからの退局を決意した理由について、「武田アナは、みなさんがイメージするよりはるかに“偉い管理職”なのです。大阪放送局では専任局長待遇で、個室も与えられています。1967年9月生まれの55歳ですから、定年も見えてきました。今後はますます管理職としての仕事が増え、テレビの現場からは離れていくことになります。これが武田アナの決断に大きな影響を与えたようなのです」と、NHK関係者が証言しています。

続けて、「武田アナはテレビの現場にこだわって退局を決意したわけですから、違う業界に転職し、アナウンサーを辞めるわけではありません。フリーに転身した武田アナに民放キー局が強い関心を示すことは言うまでもないでしょう。例えば、夜のニュース番組『news23』のテコ入れを考えているTBSは、有力候補の一つだと思います」とも語り、フリー転身後は民放で報道番組を担当する可能性があるとしています。

現在、大阪放送局に勤務する武田真一アナがNHKを辞めた後に、後任として大阪に異動する可能性があるアナウンサーについては、「武田アナに匹敵するアナウンサーでないと大阪放送局のメンツが潰れますし、関西の視聴者も納得しません。今後、様々な名前が出るのかもしれませんが、昨年の春まで『おはよう日本』のメインキャスターを務めた高瀬耕造アナ(47)が適任ではないでしょうか」としています。

<↓の画像は、NHK・高瀬耕造アナの写真>
NHK高瀬耕造アナウンサー

NHK高瀬耕造アナウンサー

そして、武田真一アナのNHK退局、フリー転身報道を受けてネット上では、

  • ついにこの日が来たか…
  • 健康第一で!とりあえずお疲れさまたけたん
  • あんな露骨な左遷させられたらこうなるわな
  • 今のNHKはそれだけ泥舟ってことよ
  • こうなると阿部渉の件、痛いね、NHK
  • 55歳で地方に飛ばされたならまあ辞めるだろうな。家族や親の世話もあるだろうし
  • 民放から引っ張りだこになるだろな
  • フジテレビが新しいニュース番組作って迎えそう
  • 23時は有働由美子アナと元NHK同士の対決か?
  • 麻呂ですら最近見ないけどフリーなって大丈夫なんか
  • NHKだから人気でただけでフリーになってもダメだろうね 堀尾ルートを辿りそう
  • 歴代NHKでも最高クラスのキャスターだろ 失敗した連中と比較にならないよ 当然民放でもメインで帯ができる存在
  • 大阪行きは将来の出世のため説とかあったが、やはり単純に左遷だったんだな
    最大のライバルがもう出世見込めなくなった状況でそれでも退職ってことは それとは関係なく本人に先は無いとの判断だろう

などの声が上がっています。

武田真一アナは筑波大学を卒業後の1990年にNHKへ入局し、1990~1994年度にかけては出身地の熊本放送局、1994~1997年には松山放送局に勤務し、1997年~2006年に東京アナウンス室で『NHKニュース』『首都圏ニュース』などの番組を担当していました。

その後、沖縄放送局を経て2008年に東京アナウンス室に復帰後は、『NHKニュース7』や『クローズアップ現代+』のメインキャスター、ロンドンや東京五輪・開会式のキャスター、2016年の『NHK紅白歌合戦』で総合司会を担当するなど、NHKのエースアナとして活躍し、2017年には同期の阿部渉アナ(55)と共にアナウンサー職では最高位のエグゼクティブアナウンサー(局次長級)に昇格、NHKの経営の一端を担うポジションに就きました。

<↓の画像は、同期の阿部渉アナと武田真一アナの写真>
阿部渉アナ&武田真一アナNHK同期コンビ

阿部渉アナ&武田真一アナNHK同期コンビ

オリコンが独自のアンケート調査を元に毎年発表している『好きな男性アナウンサーランキング』では、2012年から毎年TOP10以内にランクインし、2016年以降はTOP3位内をキープするほど高い人気を得ています。

2021年春に、「首都圏での大規模災害時のバックアップなどを見据えた大阪放送局の機能強化」という理由で大阪放送局へ異動後も、数多くの番組を担当し全国放送の番組への出演を続けています。

武田真一アナはアナウンサーとしての実力だけでなく人気もあり、NHKの顔とも言える存在で、定年前にフリーアナに転身というのは驚きましたが、武田アナほど高い人気・知名度があれば民放でも活躍できそうです。

ただ、NHKの人気アナがフリー転身で失敗するケースも珍しくなく、“麿(まろ)”の愛称で親しまれている登坂淳一アナ(51)は、2018年1月にNHKを辞めてフリーに転身し、同4月から情報・報道番組『プライムニュース イブニング』(フジテレビ系)のメインキャスターを務める予定でしたが、発表から間もなく『週刊文春』に過去のセクハラスキャンダルがスクープされ出演を辞退、この騒動によって人気が急落しました。

武田真一アナもクリーンなイメージが強い方なので、今後もし女性スキャンダル等が出たら人気の急落は避けられませんが、今後大きなトラブルなく、フリー転身後もキャスター業などで活躍する姿を見せてほしいですね。

[紹介元]武田真一アナがNHK退局しフリー転身報道。news23のキャスター就任へ? 高瀬耕造アナが後任で大阪放送局に異動か