Ado絶賛の漫画が打ち切りに? ジャンプ『PPPPPP』が大ピンチ…

芸能

Ado絶賛の漫画が打ち切りに? ジャンプ『PPPPPP』が大ピンチ…

現在『週刊少年ジャンプ』に連載されている作品の中でも、異色の漫画として語られることが多いマポロ3号の『PPPPPP』。一部でカルト的な人気を博していたのだが、最近では読者アンケートの結果がガタ落ちしているようだ。

連載1周年を迎えて失速…

1月24日に発売された「ジャンプ」8号の掲載順を見てみると、ワースト3は下から『PPPPPP』『大東京鬼嫁伝』『ギンカとリューナ』だった。

「PPPPPP」は、2021年9月18日にスタートしたピアノ漫画。天才ピアニストの家系で唯一、凡才に生まれた音上ラッキーが、ピアノを通して家族と通じ合っていく物語だ。

すでに連載1周年を超えているものの、今年に入って掲載順の低迷が顕著に。新年1号でも最下位だったが、ふたたびドベに転落してしまった。

掲載順だけでなく、最近のストーリー展開も不穏な雰囲気。ラッキーと母親をめぐるエピソードが一段落し、「物語を畳みに入っている」と見る読者も少なくない。

ファンの間では、《PPPPPPの掲載順に震えてるんだけど打ち切りはやめてよー》《PPPPPP、掲載順もそうだけど…展開が終わりそうな感じで無理…》《PPPPPP読んだ…やだ終って欲しくないです。打ち切りとかマジでやめて欲しいです》と不安げな声が上がっている。

「ジャンプらしくない漫画」の未来

掲載順こそ奮っていないものの、作品そのものの評価は高く、熱心なファンが多いことでも知られている。その1人が『紅白歌合戦』にも出演した人気歌い手、Adoだ。

連載が始まった当初からツイッター上で「PPPPPP」に言及しており、コミックス4巻が発売された際には、帯コメントを寄稿している。

ただ、ピアノ漫画自体、「ジャンプ」では珍しいジャンル。読者層が従来の連載作品とは少し違うため、アンケートが伸びにくく、掲載順が低迷しているのかもしれない。

逆にいえば、「ジャンプ」にとって「PPPPPP」は新たな読者層を広げるチャンスとも言えるだろう。

打ち切りを危惧するファンからは、《ピピピ打ち切りになったらジャンプ本誌買うのやめよかな》《もうPPPPPPが終わるなら定期購読辞めるんだけどな…》といった声も上がっているため、目先の人気だけで連載を終わらせるのは考え物だ。

また「ジャンプ」ならではのアンケート至上主義が、弊害を引き起こしてしまうのだろうか…。

文=野木

【画像】

Khosro / PIXTA

[紹介元]Ado絶賛の漫画が打ち切りに? ジャンプ『PPPPPP』が大ピンチ…